増子敦貴『機界戦隊ゼンカイジャー』出演決定「憧れのヒーローに近づけるよう走り続けます」

TV 公開日:2021/04/25 11
この記事を
クリップ

男女7人組ダンス&ボーカルグループGENICの増子敦貴が、テレビ朝日系にて毎週日曜午前9:30に放送されているスーパー戦隊シリーズ45作記念作『機界戦隊ゼンカイジャー』のツーカイザー/ゾックス・ゴールドツイカー役として、レギュラー出演することが決まった。

今作は、1975年に放送が始まった秘密戦隊ゴレンジャーから始まるスーパー戦隊シリーズの記念すべき第45作目。1人の“人間”ヒーローと4人の“ロボ”ヒーローが戦うスーパー戦隊で、俳優が演じるレギュラーキャストは主人公の五色田介人(駒木根葵汰)と介人の祖母・五色田ヤツデ(榊原郁恵)など少数の異例の作品。過去の作品をオマージュした演出も話題となっており、毎週日曜朝のSNSのトレンドを席巻する人気を博している。



今回起用された増子は、ダンス&ボーカルグループGENICのメンバーとして活動する他、これまでにもミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズンや舞台『仮面ライダー斬月』-鎧武外伝-など役者としても活躍し、人気上昇中だ。

今回の出演が決まり、増子は「幼い頃からヒーローに憧れていましたが、自分自身も子供達の憧れのヒーローに近づけるよう、必死に食らいついて、走り続けたいと思っています。未熟でまだまだ至らぬところばかりの僕ですが、精一杯やらせて頂きます。約一年間、どうぞよろしくお願い致します!」と意気込みをコメントしている。


ゾックスは並行世界を自由に旅する『世界海賊』略して『界賊』で、手にした舵輪型の変身アイテム“ギアダリンガー”で“ツーカイザー”にチェンジします。ゴールドに輝くその姿はスーパー戦隊シリーズ第35作の『海賊戦隊ゴーカイジャー』にそっくり! しかし、なぜゴーカイジャーの姿にそっくりなのか?


ゾックスら界賊と五色田介人らゼンカイジャーは今後どのように関わっていくのか?乞うご期待。

 

そして、5月19日(水)に発売される『ミニアルバム 機界戦隊ゼンカイジャー 1』に、増子敦貴が歌う挿入歌『界賊の唄』の収録も決定した。飛躍的な活躍をみせる彼から今後も目が離せない。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)