『着飾る恋』川口春奈&横浜流星が早くも接近!?掛け合いの中にキュンがじんわり

TV 公開日:2021/04/27 23
この記事を
クリップ

しかし、初回ラストでまさかの社長退任。真柴(川口春奈)たちの前からいなくなってしまった。葉山社長への気持ちを力に変えて仕事を頑張ってきた真柴。そこで沁みたのが、駿(横浜流星)の作ってくれたカレーだった。「おいしい。おいしい…」涙を流しながら食べる真柴。その姿に胸を打たれたような駿の眼差し。そんな空間を切なく包む、星野源の主題歌『不思議』。


そのまま眠ってしまった真柴は部屋へ運ばれ、次の朝、葉山から贈られた花はちゃんと花瓶に入れられている。きちんとした朝食が用意され、一緒の食卓で食べる人がいる。「おはよう」「いってらっしゃい」と言い合う人がいる。じんわりとした“うちキュン”が伝わる初回だった。


そして第2話は…


葉山社長(向井理)の突然の退任にすっかり傷心の真柴(川口春奈)。駿(横浜流星)は元気のない真柴に仕入れた海老を食べさせることを約束する。


同じ頃、一緒に暮らしている陽人(丸山隆平)は、真柴のSNSが全面停止になっていることを知り、元気づけようと「2人で花見へ行こう」と誘うがなぜか駿、羽瀬(中村アン)、香子(夏川結衣)も一緒に行くことに。


一方、『el Arco Iris』の広報課では、社長退任の対応に追われていた。しかし、思わぬハプニングが起こり、真柴は…


番組公式Twitterに投稿されている横浜流星&丸山隆平からのコメント映像によると、第2話での注目は「花見ラストのシーン」。「ヤバかった」と声を揃えるシーンは、丸山によると「楽しかったけどドキドキした」シーンだとか。そんな丸山演じる陽人と真柴(川口春奈)の恋愛には「一つ展開がある」とも。


さらに横浜演じる駿も真柴と接近!?丸山が「早いよね」と展開の早さに驚き、「3話がむちゃくちゃ気になる」と話す第2話。はたしてどんな展開が待っているのか、今夜の放送が楽しみだ。



■火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』
毎週火曜よる10:00~11:12

(C)TBS

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 24件)