SNSで大反響“伊藤沙莉”『まめ夫』念願の坂元裕二作品に「幸福すぎて叫びました」

TV 公開日:2021/04/19 7
この記事を
クリップ

カンテレ・フジテレビ系で毎週火曜よる9時放送、松たか子主演の連続ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』。脚本家・坂元裕二が完全オリジナルで描く今作は、松たか子演じる主人公で、3回結婚して3回離婚したバツ3・子持ちの社長・大豆田とわ子が“三人の元夫”に振りまわされながら日々奮闘するロマンティックコメディー。離婚してもなお、とわ子のことを忘れられない元夫として、一番目の夫でレストランオーナー兼ギャルソンの・田中八作を松田龍平、二番目の夫でファッションカメラマンの佐藤鹿太郎を角田晃広、三番目の夫で弁護士の中村慎森を岡田将生が演じる。



脚本家・坂元裕二の真骨頂とも言える軽妙な会話劇を軸にしたストーリー展開や、細部にまでこだわった味わいのある映像美や音楽だけではなく、放送で初解禁となる新鮮な驚きもこのドラマの魅力の一つ。13日放送の第1話では、伊藤沙莉のナレーションを皮切りに、斎藤工演じる“船長さん”の登場、音楽家・長岡亮介のシェフとしての出演、さらにSTUTS & 松たか子 with 3exesによる主題歌やエンディング映像など、未発表のサプライズ情報が次々と明らかとなった。第1話のエンドロールで「主題歌(第一話)」と表記されていたが、第2話の主題歌はどのような内容なのか?サプライズの連続だった第1話に続き、第2話の放送も、ぜひリアルタイムで確かめて欲しい。



第1話では、とりわけドラマの冒頭、とわ子の登場シーンで「これ、歩いている大豆田とわ子」とナレーションが流れると、早くも伊藤の声に気づいた視聴者から驚きの声があがり、「伊藤沙莉」がTwitterのトレンドワードにも名を連ねるなど、大きな反響を呼んだ。子役から着実にキャリアを重ね、今注目の実力派女優の一人として主演、ヒロイン、バイプレーヤーと役どころを問わず輝きを放つ伊藤。近年では、その個性的な声と表現力を活かし、アニメ『映像研には手を出すな!』をはじめ、声優やナレーターとしても活躍の場を広げている。坂元裕二作品としては、『わたしたちの教科書』以来となる今作でも、常に登場人物たちのそばに寄り添い、時にツッコミを入れながら、その心情を巧みに伝えてくれる存在だ。放送翌日には、自身のInstagramで「やっっっっっっと言える!!サプライズでございます」と喜びを語っていた伊藤が、20日(火)放送の第2話を前にコメントを寄せてくれた。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 8件)