藤木直人主演 三宅健ら共演、人間の悪を描き切った驚愕のミステリー『黒鳥の湖』ドラマ化

TV 公開日:2021/04/19 17
この記事を
クリップ

WOWOWにて7月から放送される『連続ドラマW 黒鳥の湖』の豪華キャストが解禁された。



主演を務めるのは藤木直人。WOWOWのドラマ出演は実に17年ぶりとなる。藤木は“ザイゼンコーポレーション”の社長で、過去の過ちに罪悪感を感じながら次第に翻弄されていく主人公・財前彰太を演じる。

また、彰太の妻で、事件に巻き込まれていく中で過去の秘密が明らかになる財前由布子役に吉瀬美智子、寺の住職の息子で、由布子が参加した“瞑想の会”を開く若院役に、WOWOWのドラマ初出演となる三宅健、若院の母親で、由布子の精神的な支えになり、良き相談相手となる大黒様役に財前直見と、豪華キャスト共演陣も決定。


原作者の宇佐美まことは、『愚者の毒』で日本推理作家賞を受賞し、その後もミステリー小説の傑作を次々に発表している人気急上昇中の作家のひとりで、作品の映像化は本作が初となる。

複雑に絡み合う現在と過去、人々の闇や傷、次第に明らかになっていく驚愕の事実、衝撃のクライマックス…“因果応報”という言葉が突き刺さる本作に期待が高まる。

<藤木直人(財前彰太役)コメント>

――本作のオファーを受けた際のお気持ち
率直に嬉しかったです。WOWOWで『宿命』というドラマをやらせてもらったのがもう17年前。主人公彰太の過去の事件とほぼ同じくらい前(笑)スケジュールはハードになりそうですし、今の世の中の状況もとても大変ですが、まずはしっかりと毎日健康体で撮影に臨みたいと思います。

――脚本を読まれた際の感想や、今回演じられる役・財前彰太についての印象
原作を読んだ時、今起きている事件と18年前の事件がどう関わってくるのか?全く先が読めず、彰太と一緒に翻弄され、そしてその結末に驚かされました。あの人がこの世からいなくなったらどうなるんだろう?誰しもが心によぎった事はあると思います。決して他人事ではなく共感できるキャラクターにしたいと思いました。

――この映像化を通じて届けたい想いや、視聴者の皆様へメッセージ
状況が次々と変わっていき、さらには18年前の事件も絡んできて複雑な構造になってます。1シーン1シーン丁寧に作っていって皆様にドキドキ、ハラハラしていただけるようなエンターテインメント作品になるよう頑張ります。

<吉瀬美智子(財前由布子役)コメント>

――本作のオファーを受けた際のお気持ち
久しぶりのWOWOWで、大人が特に楽しめる作品だなと思いました。難しい役どころではありますが、この役を楽しみながら演じられたらと思います。藤木さんとも2度目の共演なので楽しみです。

――脚本を読まれた際の感想や、今回演じられる役・財前由布子についての印象
内容が複雑で由布子も秘密をもっていながらの生活ですが、芯は強く彰太と出会った事によって救われた部分もあります。品があり、優しさの中にも強さを持っている⼥性だと思います。

――この映像化を通じて届けたい想いや、視聴者の皆様へメッセージ
サスペンスを楽しんで頂きながらも、因果応報というテーマを心にとどめて頂けたらと思います。


1/2ページ