中川大志、尊敬する俳優・玉木宏に子供ができたとき複雑な感情?

TV 公開日:2021/04/16 31
この記事を
クリップ

俳優・中川大志が、4月16日放送の『A-Studio+』(TBS系)に初出演。サプライズの連発に喜怒哀楽を大爆発させる。




ゲストは、『A-Studio+』に初出演となる俳優・中川大志 22歳。小学4年生の時にスカウトされ、2009年に子役デビュー。2010年に映画「半次郎」で映画初出演。2011年、人気ドラマ『家政婦のミタ』で演じた長男役で注目を集める。


その後も多くのドラマ・映画に出演を続け、2019年に映画「坂道のアポロン」と「覚悟はいいかそこの女子。」の演技が評価され、日本アカデミー賞新人賞を受賞。今月29日に公開される映画「FUNNY BUNNY」では、これまでの中川のイメージにはない一癖も二癖もあるアクが強い主人公を熱演している。


番組では、家族や幼少期お世話になっていた恩師、そして大親友への取材などから俳優・中川大志の魅力に迫っていく。

【画像】中川大志と藤ヶ谷大輔


MCの笑福亭鶴瓶は、大河ドラマ「平清盛」で親子役を演じたことがきっかけで、中川を可愛がってくれている先輩俳優・玉木宏に取材。2013年に玉木が『A-Studio』にゲスト出演した際には中川が取材を受けていたこともあり、今回玉木が取材を受けてくれたことに大喜び。


ファッションをマネするほど尊敬している玉木とは、二人で車中泊をしたり、雪山へ遊びに行くほど仲良しの二人だが、玉木に子供が出来たときにはうれしい反面、ある複雑な感情が生まれたことを語る。


鶴瓶は中川の家族にも取材し、家族だからこそ知っている中川の素顔に迫る。子供のころ、アーティストのゆずが大好きで”ゆずになりたい”と思っていた中川は、自分でセットリストを作って家のリビングで中川版”ゆずコンサート”を行っていた!?


さらに、応援してくれているお姉ちゃんでも見たくないというのが中川のキスシーンだが、初めてとなったキスシーンでの恥ずかしい失敗談を語る。


一方、MCの藤ヶ谷大輔は、中川が3歳から9年間通ったジャズダンス教室「金光郁子舞踊学園」に取材。まさかの大恩師の登場に中川の目には涙が…。芸事の基本を教えてもらったことが、今の芸能界で役に立っていることへの感謝を語る。さらに、当時4歳だった中川の初舞台となる秘蔵映像には、恥ずかしさのあまり赤面が止まらない。


そして藤ヶ谷は母校である堀越高校にも向かい、同級生で親友の俳優・大朏岳優に取材。本人がいなくても中川の自宅に入り浸るほどの大親友と母校を巡りながら当時の思い出を振り返る。今でもGPSでお互いの位置を知りあっているという二人だが、現在の親友の位置を見ようとしたらまさかの出来事が!?


落ち着いているイメージがある中川大志だが、サプライズの連続に感情のコントロールが不可能に!?新たな中川大志が見られる30分に期待しよう。


■『A-Studio+』
4月16日(金) 午後11:15~午後11:45
(C)TBS

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)