King & Prince 髙橋海人『ドラゴン桜』出演にメンバー大喜び「みんなの期待もかかっている」

TV 公開日:2021/04/15 12
この記事を
クリップ

King & Princeの髙橋海人と女優の平手友梨奈が14日、都内で行われたTBS系日曜劇場『ドラゴン桜』(4月25日より毎週日曜よる9時〜)の制作発表に、主演の阿部寛、共演の長澤まさみ、南沙良、加藤清史郎、鈴鹿央士、志田彩良、細田佳央太、及川光博とともに出席した。


今作は、週刊漫画誌『モーニング』(講談社)にて2018年から人気連載された三田紀房による『ドラゴン桜2』が原作。2005年に放送された前作ドラマ『ドラゴン桜』(2003年〜2007年連載/講談社)の15年後を描く続編だが、今作は今の時代の日曜劇場でやるべきエッセンスを入れたドラマオリジナルの展開が予定されている。


学園近くのラーメン瀬戸屋の息子で、両親を亡くし1人で店を切り盛りする姉と一緒に暮らしている瀬戸輝役を演じる髙橋は「僕自身、受験を経験したことがないので、受験生という青春を経験することができて嬉しく、そして楽しく現場に臨ませてもらっています」と挨拶し、「頑張って東大合格を目指して勉強したいと思います」と力を込めた。


また、瀬戸輝役を演じるに当たって難しいと思う点はあるか尋ねられると「僕が今まで演じさせていただいた役の中で、1番男らしくて無骨な人間なので、素の僕とは違うところがたくさんあって、そういう面では悪戦苦闘しているんですけど、日々勉強だなと思って頑張っています」と吐露。これに阿部が「海人くんの芝居を見てキレがいいな、今までにない生徒だなと。まだそんなに一緒にやっているシーンはないんだけど、何度か見て、これからどういう風になっていくのか楽しみですね」と期待を寄せると、高橋は「緊張しますね…」と恐縮しつつ、「でもラーメン屋を手伝っている役なので、役作りでラーメンを毎日食べています。…毎日はウソなんですけど、2日に1度くらいは食べているので、そういうのもどこか役に立ってくればいいな(笑)。頑張ります」と気合いを入れた。


加えて、姉思いの弟という役について髙橋は「実際、僕にも姉がいるので、そこらへんは自分と姉との絆を生かせたらなと思っています」といい、King & Princeのメンバーからの反響を聞かれると「僕のグループって、仕事が決まったときはマネージャーさんに集められて、そこで発表されるんですけど、「海人がドラゴン桜に決まったよ」って言ったときは、みんな飛び跳ねて喜んでくれました。King & Princeのみんなの期待もかかっているので、頑張っていきたいなと思っています」と打ち明けた。


一方、全国トップレベルのバドミントン選手で大きな期待を背負っている岩崎楓役を演じる平手は、岩崎楓という人物をどのように思っているか尋ねられると「実際、演じてみて、楓という女の子はすごくまっすぐで仲間想いの女の子だなって思います」と答え、平手自身、バドミントンのオリンピック選手から本格的な指導を受けているそうで「(練習は)ハードだったり、大変だったりはするんですけど、実際の先生がすごく素敵な先生で助かっている部分もたくさんあります」と感謝した。


そんな平手について、及川は「運動神経がすごいんだから。反射神経が!」と明かすと、長澤も「私も朝見てきました、すごく運動神経がいいんです」と絶賛。続けて及川は「体が面倒臭がっていないのよ」と感嘆すると、阿部も「キレがいいんだよ。この間、階段を落ちるシーンがあったんですよ。そしたら見事な落ち方をしていて、監督が「すごいな!」ってなって、そこから彼女に対する監督の目が変わって、(平手に)聞いたら、岡田准一のところでトレーニングしてるって」と暴露。平手はただただ恐縮していた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 13件)