白石聖、可愛さ全開のダンスに歓喜の声『ガールガンレディ』衝撃のファイトルールにネット騒然

TV 公開日:2021/04/14 27
この記事を
クリップ

原案・BANDAI SPIRITS、企画・ADK エモーションズと特撮のスペシャリストが集結して挑む、オリジナル特撮ドラマMBS/TBSドラマイズム『ガールガンレディ』の第2話が4月13日深夜に放送された。


第2話では、白石聖演じる地味な女子高生・小春が突然参加することになった「ガールガンファイト」に隠された衝撃の事実が明らかになり、ネット上では「え、まさか!?!?」「思ったよりシリアス展開」「物語が一気に牙剥いてきた」という感想が相次いだ。



【画像をもっと見る(全14枚)】


不思議な骨董屋の店長(濱田岳)から購入したプラモデルによって、突如パラレルワールドに召喚され、「ガールガンファイト」に参加することになった小春(白石聖)。翌日、現実世界の学校で、小春が戦った「アルファ」のチームメイト夏菜(伊藤萌々香)や秋帆(出口夏希)から、ガールガンファイトの仕組みを教わる。「優勝を目指そう」という夏菜たちに「私なんてなんの役にも立たないし」と弱気な発言をする小春だが、秋帆から「プラモデルの完成度が銃のスペックに反映される。小春先輩には才能があります」と言われ、小春はプラモづくりを指南することに。


1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 14件)