『薄桜鬼』実写ドラマ化、土方歳三役は崎山つばさ「率直に嬉しかったです」

TV 公開日:2021/04/12 9
この記事を
クリップ

大人気シリーズ『薄桜鬼』が、主演に崎山つばさを迎えて実写ドラマ化されることが決定した。WOWOWプライム・WOWOWオンデマンドにて放送・配信予定。全10話、第1話無料放送。

『薄桜鬼』は、2008年に第1作目が発売された、女性向け恋愛アドベンチャーゲーム(通称:乙女ゲーム)。これまでにゲームをはじめ、TVアニメ、劇場版アニメ、舞台、ミュージカル、コミックなどさまざまなメディアミックス展開を繰り広げており、第1作目の発売から13年を経た現在でもなおシリーズを重ねている、大ヒットシリーズとなっている。いまや乙女ゲームが好きな人はもちろん、TVアニメや2.5次元舞台が好きな人なら誰もが知るタイトルであり、乙女ゲーム史に残る名作との呼び声も高い。




物語の舞台は、幕末の動乱期。行方不明の父を探して江戸から京を訪ねてきた少女、雪村千鶴。その千鶴の前に現れたのは、人とは思えぬ恐ろしい所業を繰り広げる「羅刹」と、土方歳三が率いる「新選組」の隊士たちだった。羅刹を一瞬のうちに斬り捨てる新選組。しかし、千鶴の父・綱道は、その羅刹とも新選組とも、切っても切れぬ因縁があったのだ。やがて千鶴は、新選組に身を置き、父を探すことになる。史実と同じく新選組に立ちはだかる苦難、千鶴と隊士の恋、そして父・綱道の行方と千鶴自身に隠された衝撃の事実とは。


『WOWOWオリジナルドラマ 薄桜鬼』で新選組副長・土方歳三を演じるのは、「ミュージカル『刀剣乱舞』シリーズ」をはじめとする2.5次元作品で活躍し、舞台のみならず映像・音楽活動など多方面への活躍で注目を集め続ける俳優、崎山つばさ。WOWOWオリジナルドラマで主演を務めるのは、今回が初となる。「鬼の副長」と呼ばれ恐れられながらも、新選組のため、己の信念のために刀をふるう土方を、力強く、かつ繊細に演じる。

さらに、15秒の超特報映像も併せて解禁。撮影は、これまでに数多くの時代劇の名作を世に送り出してきた東映京都撮影所で敢行。本格時代劇とダークファンタジー要素の融合した、新たなエンターテイメント作品の登場に期待が高まる。ぜひチェックして欲しい。

原作でお馴染みのその他の新選組隊士、彼らと対立する「鬼」、そして物語の重要なカギを握る少女・千鶴を演じるキャストや、詳細な放送・配信時期は今後発表となる。続報に乞うご期待。


1/2ページ