『君と世界が終わる日に』竹内涼真が奇跡の生還、“本当の黒幕”の正体とは!?

TV 公開日:2021/04/12 77
この記事を
クリップ

Huluで独占配信中の竹内涼真が主演を務めるドラマ『君と世界が終わる日に』Season2。本日、4月18日(日)より配信スタートする第5話場面写真が公開された。


第4話では、猿ノ島がゴーレムの大群で全滅したというショッキングなニュースが入る。さらにシェルターでは人々の対立が表面化。備蓄が不足したため避難民への風当たりが強くなり、差別がエスカレートしていく。秋吉(本郷奏多)がついた“ある嘘”のおかげでシェルターに残ることができた来美(中条あやみ)は、医者として人々の命を守ろうと奔走する。お互いに孤独を抱える二人は、心の拠り所として徐々に距離を縮めていた。



【第5話場面写真を見る(全4枚)】



続く第5話では、来美のため、ゴーレムウイルスの増殖を抑える薬を探して一人福島へ旅立った響(竹内涼真)が、奇跡の生還。ついにシェルターに戻ってくる。やっとの思いで、命からがら帰り着いたにもかかわらず、親しげに寄り添う来美と秋吉の姿を目の当たりにし、ショックと戸惑いを隠せない響。秋吉の衝撃の告白に驚きつつも、来美の記憶が戻らないかもしれないという不安で押しつぶされそうになる。この事態を受け入れることができず葛藤する響は、諦めきれない想いが溢れ出し・・・・・・。追い詰められた環境下で、すれ違う、それぞれの想いはどこへ向かうのか。


そして、シェルター内では様々なトラブルが発生し、迫り来るゴーレムたちを前に絶体絶命の危機を迎える。そんな中、響は秋吉が無線機で外と怪しい交信をしているのを見かけ、猜疑心を抱くようになる。その夜、秋吉が会っていたのは、何とあの人物だった。なぜ秋吉は、密会していたのか、“本当の黒幕”の正体とは!?


謎が謎を呼ぶ予測不能な状況下で繰り広げられる、驚愕の第5話。逃れられない危険に直面しながらも、それぞれの信念が交錯していく、激動の展開が描かれる Season2。第5 話は、4月18 日(日)0:00より配信開始となる。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 4件)