桜井ユキ×黒羽麻璃央、ちょっぴりオトナな『リコカツ』Paraviオリジナルストーリー配信決定

TV 公開日:2021/04/09 3
この記事を
クリップ

4月16日(金)22時に初回放送を迎えるTBS金曜ドラマ『リコカツ』のParaviオリジナルストーリー『リコハイ!!』を、本編の初回放送終了後より独占配信することが決定した。女優の桜井ユキが主演を務め、俳優の黒羽麻璃央が出演する。




『リコカツ』は、現代ならではの価値観と時代が変わっても普遍的な男女の悩みを「離婚活動=リコカツ」というキーワードを通じて描き出す「離婚するかもエンターテインメント」。

主演を務めるのは金曜ドラマ枠への出演が10年ぶりとなる北川景子。北川が演じるのはファッション雑誌の優秀な編集者・水口咲。大手広告代理店勤務だった父と美魔女モデルと呼ばれる母を持ち、現代的で自由な家庭で育った自分に正直な女性だ。そんな咲と運命的な出会いをしたのが永山瑛太演じる緒原紘一。紘一は航空自衛隊に編成されている航空救難団のエース隊員。厳格な自衛官一家で育った、絵に描いたようなカタブツ人間である。自由奔放と生真面目。まるで正反対な二人は、運命的な出会いをきっかけに交際ゼロ日でスピード結婚。華やかな結婚式を終え、幸せな新婚生活が始まると思われたのだが、価値観の違いから新婚早々にもかかわらず離婚を決意。まさかの「リコカツ」を始めることになり…。


ひとつ上の部屋で繰り広げられる、もうひとつの“離婚から始まるラブストーリー”



ひとつ上の部屋で繰り広げられる、もうひとつの“離婚から始まるラブストーリー”Paraviオリジナルストーリー『リコハイ!!』の舞台は、『リコカツ』で咲と紘一が住むマンションのひとつ上の部屋。本編の新婚夫婦が「リコカツ」する裏で、パラレルに繰り広げられるもうひとつの“離婚から始まるラブストーリー”だ。




【関連】北川景子の“ハイスペック元カレ”や“恋愛のカリスマ”『リコカツ』新キャスト発表


主演は、ドラマや映画など数多くの話題作に出演し、『だから私は推しました』で第46回放送文化基金賞演技賞を受賞した桜井ユキ。配信ドラマで主演を務めるのは今回が初となる。桜井が演じるのは、建築会社で働いていたが、不妊治療に専念するため専業主婦となった宇治田希恵。勤勉で貞操観念が高く、真面目にコツコツと生きてきた34歳の女性だ。そんな希恵と驚きの出会いをするのが、舞台のみならず、ドラマ、映画と活躍の場を広げている黒羽麻璃央が演じるパティシエ見習いの加賀谷健太。健太はモデル出身のイケメンで、物心がついた頃からモテ街道を爆走してきたため、恋愛に対しては基本受け身で淡泊な27歳だ。


「離婚ハイ」の勢いで、年下イケメンとまさか同棲!?



女34歳、「離婚ハイ」の勢いで、年下イケメンとまさかの同棲!?希恵は真水のような人生をコツコツ生きてきた。しかしある日突然、夫の不倫が発覚し、さらには離婚届を置いて出ていってしまい音信不通に。ショックを受け怒り狂った希恵は、夫の不倫相手の部屋を突き止めて乗り込むが、そこにいたのは不倫相手の女ではなく…その彼氏だという若い男・健太だった。健太も彼女に浮気されていたことが発覚して…。

こうして夫に浮気をされた「サレ妻」、彼女に浮気をされた「サレ彼」、捨てられた2人の奇妙な同居生活が始まる。独り身になった寂しさとショックと解放感から、妙にハイテンションで行動的になったり、行きずりの関係を繰り返したり…。本来なら興味を持たない相手にのめりこんだりする「離婚ハイ」状態=「リコハイ」。そんな「リコハイ」という全く正常とはいえない精神状態の中で始まった、年下イケメンとの奇妙な同居生活…これって同情?はたまた友情?それとも…。

男女の本音がダダ漏れ、痛くてせつなくてエキサイティングで、ちょっぴりキケンなオトナの赤裸々ラブストーリー。スマホ片手に布団の中、あなただけの秘密の世界で、本編『リコカツ』とは一味違った“エロキュンラブストーリー”をお楽しみいただきたい。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)