“男性が妊娠?” 斎藤工主演で社会派コメディドラマ制作決定、ヒロインは上野樹里

TV 公開日:2021/04/08 7
この記事を
クリップ

<ヒロイン/上野樹里(瀬戸亜季役)コメント(全文)>
Q.本作のオファーを受けた時、この<瀬戸亜季>という役柄を、どのように演じたいと思われましたか?また、どんな作品にしたいと思われますか?
パートナーの桧山が妊娠したことにより、亜季の抱く家族や家庭というものへのネガティブな概念と葛藤したり、自由でありたいと願う亜季の価値観が変化したりと、桧山と共に成長していくキャラクターを楽しんで演じたいです。気軽に楽しめる作品でありながら、ジェンダーやマイノリティ、LGBTQなどへの理解を深めるきっかけとなる作品になれたらなと思います。

Q.本作を楽しみにしているファンの皆様へメッセージをお願いいたします。
自分らしく生き抜く全ての人へエールを送れるような作品になるよう、亜季を通して自分にできる役割を全力で全うしたいと思います。楽しみにしていてください。

<坂井恵理(原作者)コメント>
世界からすっかり「男尊女卑の国」というイメージで見られてしまっている日本も、少しずつ変わってきているのを感じます。そのことを、この作品を通じて国内外に示せたら…と思いつつ、斎藤さん演じる健太郎、上野さん演じる亜季、箱田監督・菊地監督が撮る『ヒヤマケンタロウの妊娠』を、いち視聴者としてとても楽しみにしています!

<間宮由玲子 (プロデューサー/テレビ東京)コメント>
現在26歳の私の周りで最近話題になるのは「結婚・出産」の話です。「そろそろ結婚を考える時期だよ」と言われることも増えました。いろんな選択肢を提示してもらえることはありがたいけれど、私は自分以外の誰かに生き方を決められたくはありません。「結婚」に限らず、様々な局面で生きづらいと思うことは誰しもあると思います。だからこそ「妊娠」という普遍性のある事象を通して、各々の「自分らしさ」を受容する社会の大切さを描く坂井先生の原作『ヒヤマケンタロウの妊娠』を読んだ時、ぜひドラマ化させていただきたいと思いました。映像作品を1.5倍速で観る同世代の方も、つい腰を据えて見たくなる社会派コメディドラマをお届けします。ぜひ、ご期待ください。

<高橋信一 (エクゼクティブ・プロデューサー/Netflix コンテンツ・アクイジション部門 マネージャー)コメント>
「もし男性である自分が妊娠したら?」私自身、パートナーが妊娠・出産した際でさえ想像できなかった「If もしも」をこの物語は提示してくれました。男女逆転物語は数あれど、現代性を伴った「妊娠・出産期」での男女逆転を描き出した本作のユニークさに興味を書き立てられるとともに、視聴者に多くの示唆を与えてくれるはずです。斎藤さんが演じる妊夫の葛藤、上野さん演じる妊夫のパートナーの懊悩、それぞれが笑いを通して描かれます。大いに笑ったあと、「もし自分だったら?」と想像してもらえる事を願っております。

■Netflixオリジナルシリーズ『ヒヤマケンタロウの妊娠』
2022年、Netflixにて全世界同時独占配信
出演:斎藤工 上野樹里
原作:坂井恵理『ヒヤマケンタロウの妊娠』(講談社「BE LOVE KC」所載)
監督:箱田優子 菊地健雄
脚本:山田能龍 岨手由貴子 天野千尋
エグゼクティブ・プロデューサー:高橋信一(Netflix コンテンツ・アクイジション部門マネージャー)
プロデューサー:間宮由玲子(テレビ東京) 太田勇(テレビ東京) 平林勉(AOI Pro.)
製作:Netflix
企画・制作:テレビ東京
制作協力:AOI Pro.


2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)