斎藤工×中島健人「いつか一緒にレッドカーペットを」アカデミー賞を熱く語り合う

TV 公開日:2021/04/07 22
この記事を
クリップ

WOWOWでは、アメリカ・ロサンゼルスで開催される世界最高峰の映画の祭典『第93回アカデミー賞授賞式』を4月26日(月)午前8:30より独占生中継・配信する。その関連番組として、4月24日(土)に放送予定の『第93回アカデミー賞 直前総予想』では、斎藤工と中島健人の対談が実現した。3月下旬に行われた収録レポートが到着した。


長年WOWOWで映画紹介番組に携わり、近年は監督・プロデューサーとしても活躍する斎藤工と、昨年に続きアカデミー賞授賞式のWOWOWでの中継番組にスペシャルゲストとして出演する中島健人。彼らが、アカデミー賞の魅力から授賞式の楽しみ方、そして今年の受賞予想についてまで熱く語り合う対談の収録が3月下旬に行われた。共にアカデミー賞授賞式のレッドカーペットリポーター経験があり、そして自身も表現者であるがゆえに感じるアカデミー賞のすごさとは?


過去、レッドカーペットリポーターを務めた経験のある二人。斎藤はその経験から、「映画少年として憧れていた“THAT'S ハリウッド!”なエンターテインメント作品と自身が表現者として携わる邦画作品の関係性について、(以前は) 距離を感じていたけど、同じ映画産業なんだと繋がるようになった。むしろ繋げていくべきだと思うようになった」と自身の内に起きた変化を明かす。

中島は、斎藤の言葉に深くうなずき、特に現在、主演を務める配信作品の撮影に入っていることに触れつつ「去年、授賞式に行ってからオスカーの存在が他人事ではなくなった。配信作品への気持ちの入れ方も、“もしかしたらこの1本が世界に届くかもしれない”、その可能性を求めて自分は役者として一歩一歩、歩み始めているんだなと思えるようになった」と語り「工さんがレッドカーペットに行っている姿を見たら、非常にクールでかっこよくて、完全に僕のロールモデルになっていました。僕も行ったら渋くしようと思ってたけど、無理でした(苦笑)。テンションが上がってしまって、少し子どもっぽくなっちゃいました」と振り返る。

昨年の授賞式では、『アナと雪の女王2』に関連して松たか子がレッドカーペットを歩き、ステージでパフォーマンスを披露した。中島はこの“偉業”を称え、さらに自身にとっても「役者として、またパフォーマンスという部分でもそうですが、ドルビーシアターで何かをするっていうのが人生の大きな大きな目標だなと思います」と心躍らせる一幕も。一方、斎藤は『パラサイト 半地下の家族』のポン・ジュノ監督が授賞式前のレッドカーペットでのインタビューで「(ノミネートによって)アジアの流れを止めずに済んだ」と発言したことに触れ「まさかオスカーを獲るとは思っていないポン・ジュノさんが映ってて、その数時間後にオスカーを実際に獲ることを知って見ると、あの映像に価値がある」としみじみと語った。

そして、今回のノミネートについて、中島は「“史上初”が多い」と言及。斎藤さんはコロナ禍を受けて「配信作品の位置づけが明らかに去年と変わった」と語り、その影響もあって、日本で授賞式前に事前に鑑賞できる作品が増えたことに「授賞式の楽しみ方が変わった。そこはすごくポジティブなところ」と受け止める。

中島が「今回、『ミナリ』も作品賞ノミネートに入っていますが、アジアの流れは今後も続くと思うか?」と斎藤に尋ねると、「数年前まではメキシコの監督たちが連続でオスカーを獲る“ラテンの風”があったけど、それがまさに去年の『パラサイト』以降、“アジアの風”が吹いてきた。明らかにかつての“ラテンの風“が“アジアの風“になっている」とうなずく。

さらに2人は現時点で作品賞最有力との呼び声の高い『ノマドランド』についても語り合う。斎藤は『ノマドランド』に ついて、原作本をAmazonで購入したことを明かし(※同作の主人公はAmazonの工場で季節労働者として働く)「アメリカの高齢者の労働者の現状と僕らが気軽にタッチパネルで(Amazonからの配送を)お願いするものとの関連を含め、これは海の向こうの遠い話ではないと思った」と語った。

中島は、クロエ・ジャオ監督にリモートインタビューをしており、斎藤は興味津々。「Amazonの工場のシーンについても『常にリアルを求めていて、リアルとフィクションの端境を俳優さんに歩ませた』と監督はおっしゃっていました」と 中島が明かした。

1/2ページ