『ドラゴン桜』高橋海人、平手友梨奈らシーン写真が到着、細田佳央太は坊主頭に

TV 公開日:2021/04/04 16
この記事を
クリップ

俳優の阿部寛が主演のドラマ『ドラゴン桜』(TBS、4月25日(日)よる9時から放送スタート)。3月下旬にクランクインし、順調に撮影が進んでいる本作より、シーン写真が公開された。



令和3年3月3日という記念すべき日に、前作でも話題だった“東大専科”の生徒たちをシルエットで発表。そのシルエットからキャストを予想するイベントが話題を呼んでいたが、3月18日をもって全ての“東大専科”生徒役キャストを解禁。次世代を担うフレッシュな俳優たちと実力派俳優たちの共演も本作の見どころのひとつだ。さらに令和の『ドラゴン桜』を形づくる脚本家には、大人気放送作家・オークラと新星・李正美が決定している。


【写真】平手友梨奈、バトミントンシーン写真も到着

【関連】King & Prince 高橋海人『ドラゴン桜』最後の⽣徒役に決定、影のある役柄で新たな魅力



今回公開された写真では、なんと原健太役の細田佳央太が坊主頭に!? ドラマのポスタービジュアルとは打って変わり、素朴な印象になっている。

さらに、本作のキーポイントとなる桜木と生徒たちの共演シーンや、部活の練習風景、放課後の様子など、彼らの学園生活が垣間見えるシーン写真を多数公開。それぞれのシーンでどんな会話が繰り広げられるのか想像しながら、放送スタートを楽しみに待ちたい。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)