広瀬すず&橋本環奈、夢の共演が実現『ネメシス』で最強“親友”コンビ誕生

TV 公開日:2021/04/03 24
この記事を
クリップ

日本テレビ4月期日曜ドラマ『ネメシス』(4月11日スタート 毎週日曜夜10:30~11:25)は、連続テレビ小説『なつぞら』以来、初の連続テレビドラマ出演となる広瀬すず演じる天才助手、美神アンナと嵐休止後、初の連続テレビドラマ出演となる櫻井翔演じるポンコツ探偵、風真尚希の凸凹バディが、探偵事務所ネメシスに舞い込む難事件を次々と解決していくミステリー。

この度、チームネメシスに最強の仲間が加わることが4月3日夜の『ニノさんSP』(日本テレビ系)にて発表された。視聴者も驚きの新メンバーは橋本環奈!広瀬すずとの夢の共演が実現となった。


──【第3話】海の近くにある人気の遊園地に爆弾が仕掛けられた。“ボマー”と名乗る爆弾犯から「2億円を用意しろ」と脅迫された遊園地の社長・太宰は困り果てる…人質は遊園地を楽しむ1万人、そして、容疑者もまた遊園地にいる1万人。太宰は、「磯子のドンファン殺人事件(1話)」を解決したのが、風真だと知り、「探偵事務所ネメシス」に助けを求めたのだった…。


そんな危機的状況でアンナに運命的な出会いが訪れる。それが、橋本環奈が演じる、理系大学生・四葉朋美。数学的アプローチを得意とする、アンナに負けず劣らずの天才。アンナとコンビを組み、爆弾事件を解決する為に遊園地を駆け回る。


人間離れした直観と洞察力で推理をするアンナと高度な数式を駆使して推理をする朋美。最強のコンビが誕生。計算尽くしの爆弾犯との対決は必見。


映画、ドラマ、舞台で大活躍し、いくつもの作品で主演を務めてきた橋本環奈が今回挑むのは、自身と同世代の大学生。ネメシスが直面する難事件に冷静沈着に、天才的頭脳で向き合い、アンナや風真をサポートする頼もしい存在だ。


今回の広瀬すずと橋本環奈という20代を代表する二大実力派女優の夢の共演の実現に、北島直明プロデューサーは「誰も見たことがないワクワクするドラマを作りたい、と思った時に、広瀬すずさんと橋本環奈さんの競演を思いつきました。実力も人気もあるこのお二人が揃ったら、“とてつもないエネルギーが生まれる”という確信がありました。が、実際に共演が実現して、僕自身、本当に驚いています。広瀬さんと橋本さんは同い年。お互いに共演を楽しみにされていたようで、撮影現場ではお二人共楽しそうに過ごされていて、その関係性が芝居にも活かされ、想像を超えたワクワクするシーンが日々生み出されています。まさに最強コンビ誕生です!今回、快く出演をお受け下さった橋本さんに心より感謝しています。彼女の芝居が『ネメシス』を次のステージに押し上げてくれる事を確信しています」と期待を寄せている。


5人のミステリ作家の脚本協力による巧妙な謎と『アンナの父親失踪』の謎とが、毎話絡み合う極上のミステリー・エンターテインメント。広瀬すずと橋本環奈、二大人気女優の共演からも目が離せないドリームチーム『ネメシス』をお見逃しなく。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)