『警視庁・捜査一課長 season5』初回のストーリーを主題歌に合わせて修正、石崎ひゅーい最新曲

TV 公開日:2021/03/29 5
この記事を
クリップ

シンガーソングライターの石崎ひゅーいが、木曜ミステリー『警視庁・捜査一課長 season5』の主題歌を書き下ろした。



ドラマは、2012年7月、『土曜ワイド劇場』からスタートしたシリーズで10年目に突入。内藤剛志が主演を務めている。

season5の主題歌を書き下ろした石崎ひゅーいは、2012年7月に『第三惑星交響曲』でEPICレコードよりメジャーデビュー。各メディアのプッシュを獲得しセンセーショナルなデビューを果たす。2018年に菅田将暉に提供した『さよならエレジー』で注目を浴び、さらに去年2020年には、映画『STAND BY ME ドラえもん 2』の主題歌として同じく菅田将暉へ『虹』を楽曲提供。ストリーミング1億再生を約3か月で突破するなど驚異的なヒット作に。



そんな石崎ひゅーいが、木曜ミステリー『警視庁・捜査一課長season5』の主題歌として最新曲『アヤメ』を提供。石崎は「大切なモノを失くした分、もっと大切なモノを見つけていける、そんな願いを歌にしました。」と曲に込めた想いを語っている。

主演の内藤剛志は、『アヤメ』について、「春が終わり、夏が来る前のアヤメの花が咲く季節、美しい歌にのって、スタッフキャスト、全力で美しい花を咲かせたいと思います。」と、楽曲からパワーをもらいドラマにかける想いを語った。

さらに、「初めてデモを聞いた時に、力強い唄声と優しさ溢れる歌詞に心をうたれ、出来上がっていた初回のストーリーを歌に合わせて修正しました。」と、ドラマプロデューサーのテレビ朝日・秋山貴人氏が語っている。

ドラマと主題歌のコラボレーションが楽しめる初回のオンエアは4月8日(木)よる8時より2時間スペシャルでスタートする。

<石崎ひゅーい コメント>
作曲に没頭して気づいたら朝になっている事があります。その日たまたま覗いた窓の外に、まだ見たことがない美しい色の空がありました。夜と朝の狭間の数分間。それは何かが生まれ変わろうとする色でした。
大切なモノを失くした分、もっと大切なモノを見つけていける、そんな願いを歌にしました。
久々のドラマ主題歌。楽しみにしていてください。

<主演:内藤剛志 コメント>
石崎ひゅーい様
美しい歌をありがとうございます。
一つ一つ丁寧に手渡される言葉。優しく体の中を吹きすぎていくようなメロディー。進むのは前だ、と背中を押してくれるリズム。
新しい力をいただきました。
曲中、1箇所でしか歌われない『アヤメ色』と言う歌詞。勝手に『アヤメの花』と連想させていただいて、その花言葉『希望、伝言』を僕たちのドラマの合言葉にさせてください。僕たちはこのドラマを『謎解きを楽しんでいただくと同時に、見終わった後、少し上機嫌になっていただけると嬉しい、小さな希望のようなものを届けたい』と思って作り続けてきたからです。
春が終わり、夏が来る前のアヤメの花が咲く季節、美しい歌にのって、スタッフキャスト、全力で美しい花を咲かせたいと思います。
内藤剛志

<テレビ朝日プロデューサー:秋山貴人 コメント>
石崎ひゅーいさんが作る歌からは、人を前向きに変える力を感じます。事件解決後のドラマのラストを、明日への活力に変えていただけると思い、主題歌のオファーをさせて頂きました。初めてデモを聞いた時に、力強い唄声と優しさ溢れる歌詞に心をうたれ、出来上がっていた初回のストーリーを歌に合わせて修正しました。ドラマと石崎ひゅーいさんの主題歌のコラボレーションを、是非お楽しみ頂ければと思います。


■木曜ミステリー『警視庁・捜査一課長season5』
2021年4月8日(木)スタート
毎週木曜 午後8:00~午後8:54 ※初回は2時間スペシャル<午後8:00~午後9:48>

<ストーリー>
“叩き上げの男”大岩純一捜査一課長と熱き刑事たちが被害者の無念を晴らすため、東京全土を疾走する!シリーズ誕生10年目、《魂の訓示》《東京一斉大捜査》などシリーズの醍醐味はそのままに――最強ミステリーが木曜よるに帰って来る!


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)