中条あやみ、ゴーレムウイルスに感染!?竹内涼真は死んだはずの父親と再会『君と世界が終わる日に』

TV 公開日:2021/03/24 20
この記事を
クリップ

竹内涼真が主演を務めるド君と世界が終わる日に』Season2が今週日曜からHuluで配信がスタートした。本日、第1話・第2話の場面写真が解禁となった。さらに、響(竹内)の父・間宮拓郎役で小市慢太郎が出演することが発表された。






【関連】竹内涼真&中条あやみ “2人の愛の形”に反響殺到 『君と世界が終わる日に』残された謎に注目集まる


壮絶なラストを迎えた Season1 最終回放送後には、タイトルと併せて、響のセリフ #愛してる がTwitterのトレンド入りを果たし、SNS 上では「バッドエンドじゃなくてよかった」「2 人が会えてよかった」などほっとした感想も多数寄せられ、人々は、平和な日々を取り戻したかのように見えた。


しかし、Season2 の第1話では、臨床実験を受け続けていた来美(中条あやみ)が、まさかのゴーレムウイルスに感染!?記憶が曖昧になる時間が増える中、ゴーレムのいないはずの島で仲間がゴーレム化する事件が発生する。疑惑の目は来美に向けられ、来美をかばう響と仲間たちとの間にも亀裂が生じる。来美は、不安に押しつぶされそうになりながらも「迷惑はかけられない」と 1 人出ていってしまうが、響はあきらめきれず追いかける。


そこで、2 人は秋吉(本郷奏多)という男と出会い、シェルター「希望の家」に収容されることに。響の心配もむなしく、ゴーレム化が進む来美の記憶はますます曖昧になり、響のことはおろか、自分の名前さえも言えなくなってしまう。そこに現れたのが、死んだはずの響の父親・間宮拓郎(小市慢太郎)だった。幼い頃、母の死の直後、突然自分の前から姿を消し、死んだと思い込んできた父との突然の対面に、驚きと怒りに震える響。さらには、安全と思われていたシェルターにゴーレムが出現。響の過酷な運命は、ますます加速していく。



間宮 拓郎役 小市慢太郎 コメント

ご縁のある方々と一緒にお仕事が出来てとても嬉しかったです。竹内さん、中条さんは素晴らしい俳優さんです。お二方とも真面目で優しくピュア、透明感がある方です。共演させていただいてとても刺激的でした。数少ないやり取りでしたが、毎回濃く繋がる瞬間があったように思います。ともすれば絶望的な状況の中で、希望の光を見いだそうとする響という人物が私は好きです。今後物語がどう展開していくのか…皆様、是非最後まで見届けて下さい。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 5件)