綾野剛「待てって!」 運命の恋を予感させる『恋はDeepに』場面写真

TV 公開日:2021/03/22 16
この記事を
クリップ

4月14日にスタートする新水曜ドラマ『恋はDeepに』が、初回放送日まで、残すところ1か月を切った。



石原さとみが海を愛する魚オタクの海洋学者・渚 海音(なぎさ みお)を、綾野剛がマリンリゾート開発に人生をかけるツンデレ御曹司・蓮田 倫太郎(はすだ りんたろう)を演じる本作。住む世界がまるで違う2人が、巨大マリンリゾートの開発をめぐり出会い、やがて運命的な恋に落ちる。しかし、その恋はかつてないほど禁断だった!なぜなら彼女には、誰もが驚くある『ヒミツ』が…


初回放送を前に場面写真が公開に。まずは入念な保湿で、“今朝もお肌は絶好調”な海音の朝の一コマ。それから、波打ち際を歩く海音を「待てって!」と引き留める倫太郎の様子には、いつもと違う強さに驚きのキュン!?さらに、巨大な水槽の前にやってきた海音と倫太郎が、魚たちが優雅に泳ぐ姿を見て2人とも思わずうっとり。心なしか2人も寄り添いあって見える写真も。そして、海音が出演するテレビ番組の収録風景を眺める倫太郎の姿も。お魚への愛に溢れた海音のコメントに耳を傾けている。



このドラマで繰り広げられる「地上で一番Deepな恋」の行く末はいかに。


<1話 見どころ>

海を愛する海洋学者・渚海音(石原さとみ)は、星ヶ浜海岸に巨大マリンリゾートが建設されることを知り、海に暮らす魚たちの暮らしを守るため、なんとか止める手立てはないかと考える。

一方、リゾート開発を進める蓮田トラストの御曹司で、三兄弟の次男・倫太郎(綾野剛)は、父・太郎にロンドンから呼び戻され、星ヶ浜での開発の陣頭指揮を任される。

海音が出演したあるテレビ番組をきっかけに顔を合わせた二人は、環境保護とリゾート開発という正反対の目的を持って最悪の出会いを果たす。しかし翌日、倫太郎と対立関係にある兄・光太郎(大谷亮平)から呼び出された海音は、なんと、リゾート開発チームに参加してほしいと頼まれて……!


■4月期 新水曜ドラマ『恋はDeepに』
2021年4月14日スタート
毎週水曜よる10時 放送

(C)日本テレビ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)