磯村勇斗 “若手イケメン俳優”らしからぬ地道で泥臭い人生『情熱大陸』で28歳の覚悟に迫る

TV 公開日:2021/03/20 15
この記事を
クリップ

俳優の磯村勇斗が、21日放送のドキュメンタリー番組『情熱大陸』(TBS系3月21日午後11時15分~)に登場する。



【関連】磯村勇斗、中学生時代にカラオケで盛り上がった思い出の“恋愛ソング”明かす



朝ドラヒロインの爽やかな恋人、ケンカとなれば手段を選ばないヤンキー、彼氏を振り回す同性愛者、既婚の上司に全裸で愛を叫ぶイケメン社員…強烈な個性を演じきる力には定評がある。


磯村勇斗は今、次世代を期待される俳優として存在感を放つ28歳。いわゆる“若手イケメン俳優”らしからぬ、地道で泥臭い人生を選んできた。俳優を志したのは中学生の時。上京は親の猛反対を受けて断念し、高校2年で地元劇団の門を叩いた。大半が高齢だった団員の中で、磯村は芝居の基礎、そして演じる喜びを学ぶ。大学進学を機に上京し、アルバイトをしながら小劇場の舞台に出演する毎日を送っていた。


台本を現場に一切持ち込まないのも、役に合わせて髪型を徹底的に作り込むのも「俳優なら当たり前」と一蹴する磯村のストイックさは、そんな日々の賜物だろう。2015年に仮面ライダーシリーズで念願のレギュラー出演をつかんでから6年、磯村には次々と作品のオファーが舞い込んでいた。取材を始めて間もない今年1月には、ドラマと映画で4本の作品を並行して撮影。連日違う役として現場に立ち続ける日々で、磯村の中に感じたことのない葛藤が芽生え始めていた。


「自分は何のために俳優をやっているのか…」作品が重なり全ての役に100%で向き合えない苛立ち、噛みしめる間も無く自分の中を次々と作品が通り過ぎていく不安。「このままでは俳優として腐ってしまう」「自分は俳優に向いていない」剥き出しの感情をカメラに語る姿は、完璧を求める性格が故に理想と現実のギャップに苦しんでいた。


今月、磯村は故郷の静岡・沼津にいた。訪れたのは俳優を夢見るきっかけとなった自主制作映画のロケ地、そして劇団で初めて立った思い出の舞台。数年ぶりに手にした当時の台本には、狂気すら感じる彼の情熱が刻まれていた。進むべき道筋を見失いかけていた俳優が、悩みもがいた末に新たにした覚悟とは-。


※本記事は掲載時点の情報です。