脚本 坂元裕二×主演 松たか子、期待のタッグに個性豊かな新キャスト参戦

TV 公開日:2021/03/16 12
この記事を
クリップ

松たか子主演の連続ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜よる9時)が4月13日にスタートする。脚本家・坂元裕二が完全オリジナルで描く今作は、松たか子演じる主人公で、3回結婚して3回離婚したバツ3・子持ちの社長・大豆田とわ子が“三人の元夫”に振りまわされながら日々奮闘するロマンティックコメディー。離婚してもなお、とわ子のことを忘れられない元夫として、一番目の夫でレストランオーナー兼ギャルソンの・田中八作を松田龍平、二番目の夫でファッションカメラマンの佐藤鹿太郎を角田晃広、三番目の夫で弁護士の中村慎森を岡田将生が演じる。



初回まで1カ月を切り、一段と期待が高まる中、この度ドラマのポスタービジュアルが完成した。今回解禁されたビジュアルは、『大豆田とわ子と三人の元夫』というタイトル通り、春らしいピンク色の衣裳に身を包んだとわ子の横に、元夫たちが①②③という番号順に配置されたデザイン。先日解禁された第1弾ティザー映像でも使用されたキャッチコピー「ひとりで生きたいわけじゃない。」は、自分ひとりの力で生きていくことは出来るが、その生活に何か少し物足りなさを感じているとわ子の心情を表現している。明るく、お茶目で、ちょっとせっかちで、どこかとぼけていて…そんなたくさんの人間的な面白さを持ったとわ子と、三者三様の魅力を持った元夫たちによるクスっと笑えるやり取りに注目だ。

また、とわ子が社長を務める住宅建設会社・しろくまハウジングの社員役として、新たに弓削智久、平埜生成、穂志もえか、楽駆の出演が決定した。弓削が演じるのは設計部の三上頼知。才能ある建築家で素晴らしいデザインを創り出す反面、こだわり故の仕事の遅さや予算面で、営業部の松林カレン(高橋メアリージュン)とよく衝突を起こす。平埜演じる施工部の城久間悠介は先代社長の息子で、とわ子は彼を一人前に育てることも先代から託されている。いわゆる“お坊ちゃま”で、現場の要望を全部聞いて右往左往してしまうこともあるが、その明るく素直で天然な性格が会社の潤滑油となっている。穂志が演じるのは経理部の大壺羽根子。経理の仕事にふさわしく1円の間違いも許さない細かい性格で、時に社員に対して厳しく接することもある。そして、楽駆は新入社員の黒部諒を演じる。もともと建設業界に興味を持っていなかったが、両親がしろくまハウジングで建てた家に魅力を感じ入社。まだ右も左もわからないが、一生懸命仕事を覚えようとしている。


仕事に対しては厳しくも、社内のコミュニケーションは活発で仲の良い社風のしろくまハウジングにおいて、数カ月前に社長に抜擢され、周囲との関係が「社長と社員」になったとわ子。作中では、“三人の元夫”に振り回されるだけではなく、社長として奮闘するとわ子の姿も、時にコミカルに、時にビターに描かれていく。とわ子と同世代の三上や、年下世代の悠介、羽根子、諒といった個性豊かな社員が、社長・とわ子にどんな影響を与え、関係がどう進展していくのか?物語にさらなるスパイスを与えてくれる新キャストにも注目しよう。

そして、16日(火)に最終回を迎える『青のSP(スクールポリス)―学校内警察・嶋田隆平―』の放送内で第2弾ティザー映像も解禁される。第1弾とは違った4人のやり取りは必見だ。

■『大豆田とわ子と三人の元夫』
4月13日(火)スタート 毎週火曜夜9時(カンテレ・フジテレビ系全国ネット) ※初回15分拡大
【出演】
松たか子 岡田将生 角田晃広 ・ 松田龍平/市川実日子 高橋メアリージュン 弓削智久 平埜生成 穂志もえか 楽駆 豊嶋花/石橋静河 石橋菜津美 瀧内公美/近藤芳正 岩松了
【脚本】
坂元裕二
【音楽】
坂東祐大
【演出】
中江和仁 池田千尋 瀧悠輔
【プロデュース】
佐野亜裕美
【制作協力】
カズモ
【制作著作】
カンテレ

(C)カンテレ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)