少年忍者リーダー・川﨑皇輝、犯罪者イメージ払拭に躍起!?「そういう印象困る」

TV 公開日:2021/03/13 18
この記事を
クリップ

『WOWOWオリジナルドラマ 文豪少年!~ジャニーズJr.で名作を読み解いた~』(3月21日夜11:00放送&配信スタート)のクランクアップ報告会見が13日、オンラインで開催され、少年忍者のヴァサイェガ渉、川﨑皇輝、北川拓実、織山尚大、黒田光輝、元木湧、安嶋秀生、内村颯太、深田竜生、檜山光成、小田将聖、田村海琉、豊田陸人、平塚翔馬、青木滉平が出席した。

夏目漱石、太宰治、芥川龍之介、江戸川乱歩、小泉八雲といった日本が誇る文豪たちの傑作小説群を新規に解釈した1話完結のオムニバスドラマ。少年忍者のメンバーが主演&出演する。


第4話「罪と罰の散歩者」主演・郷田役の川﨑皇輝は、グループのリーダーとして「僕ら少年忍者という大人数のグループの個性が存分に活かせる作品で嬉しかった。全員の個性が輝ける作品です」と今回のドラマ企画に喜色満面。


しかし演じた役に『罪と罰』の殺人者としての設定も与えられていることから「かつて殺人者の少年時代役を演じたことがあるので、僕に対するそういう印象があるのは困る」と悲鳴も、元木湧や内村颯太から「やりかねない!」「役そのまま!」といじられて「関係者の皆さんにそのイメージがあるとするならば、払拭したい!」と訴えていた。


第6話「稲荷坂の秘密」主演・信一役の深田竜生は、劇中で女装姿を披露するが「かつて織山君の女装姿を見たことがあるので『俺もああなれたら…』と思ったら、なんか…みんなに笑われた。元々背が高いのにヒールを履くから180センチくらいの背丈になる。もっと小柄になりたかった」と理想と現実のギャップにショック。


すると元木湧は「僕だったら絶対に勝てる!この中で女装したら僕が一番可愛いはず!過去に“女バス”にいそう、スポーツ女子タイプと言われたこともあるから」と女装姿に自信。それに内村颯太が「僕も髪型を変えればお母さんにもなれるし、妹にもなれる!」と加わり女装自慢大会が始まり、檜山光成も「僕もお母さんに似ていると言われるので自信がある!ちなみにお母さんは美人です!」と参戦すると、深田は「ライバルが多いな…」とタジタジだった。


『WOWOWオリジナルドラマ 文豪少年!~ジャニーズJr.で名作を読み解いた~』

3月21日スタート! 

毎週日曜日よる11時 放送・配信(全10話)[第1話無料放送]

[WOWOWプライム][WOWOWオンデマンド]



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)