濱田岳、白石聖の運命を変える骨董屋の店長に『ガールガンレディ』出演決定

TV 公開日:2021/03/10 5
この記事を
クリップ

俳優の濱田岳が、4月6日(火)放送スタートする白石聖主演オリジナル特撮ドラマ、MBS/TBSドラマイズム『ガールガンレディ』(MBS:毎週火曜 24時59分~ TBS:毎週火曜 25時28分~(※初回のみ25:30~))に出演することが発表された。



【写真】第1話場面カットも到着


本作は、女子高生達が学校を舞台に、ドラマのキーアイテムとなるプラモデルの銃を使って“生き残りをかけたバトル”を行うオリジナルストーリー。原案・BANDAI SPIRITS、企画・ADKエモーションズと特撮のスペシャリストが集結して挑む、新時代の大人向け特撮ドラマとなっている。


物語の主人公は、女子校で居場所を見いだせない地味な女子高生・小春(演:白石聖)。影の薄い彼女はいつも一人で過ごしていた。そんな彼女の唯一の趣味は、プラモデルをつくること。ある日、学校帰りに立ち寄った不可思議な骨董屋「FFF」で、店長に勧められ「銃」のプラモデルと「アリス」という名前のプラモデルを購入する。夢中になって組み立てたその日の夜。目が覚めると彼女は、銃弾が飛び交う学校にいた。目の前には、小春が組み立てたプラモデル・「アリス」(演:大原優乃)がまるで人間のように動いてプラモデルの「銃」を手渡し、小春に戦いの始まりを告げる。その名も、「ガールガンファイト」。それは、銃で同級生を撃たなくては生き残れない、壮絶な悪夢の始まりだった。


そして本日出演が発表された濱田岳は、バトルフィールドとなる私立源女子学園の近くで骨董屋「FFF」を経営する不思議な店長を演じる。この店長から買ったプラモデルによって、白石演じる小春の運命が大きく変わっていくことになるのだが、彼がこの先どのように彼女たちのサバイバルゲームに関わってくるのかも本作の大きな見どころとなっている。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 12件)