竹内涼真、中条あやみとの“残酷すぎる再会”に視聴者茫然『君と世界が終わる日に』

TV 公開日:2021/03/08 24
この記事を
クリップ

竹内涼真が主演のドラマ『君と世界が終わる日に』(日本テレビ、毎週日曜22時30分~)の第8話が7日放送された。

地上波ゴールデン帯の連続ドラマとしては日本初となる死と隣り合わせの“終末世界”で繰り広げられる本格ゾンビ作品である本作。

第7話では、変わり果てた母の姿にショックを受け、トドメをさせない響。そんな中、響を心配して引き返した佳奈恵(飯豊まりえ)とミンジュン(キム・ジェヒョン)が琴子(臼田あさ美)のゴーレムに遭遇。


【写真】ほかの写真をみる



もみ合いになったミンジュンが腕を噛まれてしまう。ミンジュンの姉・ジアン(玄理)は、響にワクチンを託して逃走を手助けすると提案。だが、冷凍保存装置の中に首藤(滝藤賢一)が研究していたはずのワクチンはなく…。混乱の中、響はワクチンの代わりに治験者から採取されたという未完成の治療薬を手にし、ミンジュンの元へ。


しかし、仲間たちの願いも虚しく、ゴーレムに転化したミンジュンを響は殺害する…。(以下第8話ネタバレあり)



1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 7件)