乃木坂46×櫻坂46×日向坂46ドラマ『ボーダレス』120秒予告映像解禁

TV 公開日:2021/03/05 18
この記事を
クリップ

大ベストセラー『ストロベリーナイト』シリーズで知られる誉田哲也が、映像化に向けて書き上げたミステリー小説『ボーダレス』。


ファン待望のドラマ化となった本作が、ひかりTV・ひかりTV for docomo・dTVチャンネルにて3月7日(日)23時より、いよいよ配信開始となる。


本作は、4つの物語がある事件をきっかけに交錯していく本格ミステリードラマとして、複雑なストーリー設定を『HERO』など大ヒット・ドラマを数多く手がける金井紘の総合演出で実現。主な出演は、乃木坂46から遠藤さくらと早川聖来が、櫻坂46から小林由依、渡邉理佐、森田ひかる、日向坂46から齊藤京子と濱岸ひより。グループの垣根を越えてのドラマ共演は日本初という意欲作に期待が集まっている。


少女たちが織りなす4つの物語は、ある街で起きた殺人事件をきっかけに境界(ボーダー)を見失いはじめる。サスペンスフルな展開のなかで少女たちは、友情、羨望、慈悲、恋心……様々な境界を飛び越えて別世界を受け入れていき──複雑に絡み合う物語を、乃木坂46、櫻坂46、日向坂46のメンバーたちが、グループの垣根(ボーダー)を越えて演じる。

この度解禁となったドラマ「ボーダレス」120秒予告映像は「なんの凹凸のない道を、ただ歩き続ける。」という、高校2年生の森奈緒(森田ひかる)のナレーションから始まる。

「つまらない毎日から抜け出したかった。」という気持ちを秘めながら平凡な生活を送る奈緒。そんな時、ミステリアスな同級生の片山希莉(齊藤京子)に「知らない世界に入っていくのは、本当に楽しいよ。」と近くで起こった廃プールでの殺人事件現場に誘われ−。

何者かに追われ、パジャマ姿で山中を逃げ惑う姉妹、八辻芭留(渡邉理佐)と八辻圭(濱岸ひより)、心が離れすれ違う姉妹、市原琴音(小林由依)と市原叶音(早川聖来)。最後に、自由に憧れる、鳥籠の中の令嬢、松宮結樹(遠藤さくら)も登場。

「見たことない世界へ、踏み出せそうな気がした。でもそれは間違いだったのかもしれない。」と語る菜緒に訪れる出来事とは?4つの平行した物語が交錯し、それぞれの運命が動き始める。今後の怒涛の展開が気になる120秒予告映像が完成した。



<第1話 STORY>

ある日、街の外れにある廃プール場で男性の遺体が発見された。

街中が騒然とするなか、自称“何もかもが普通”な人生を送る奈緒(森田ひかる)は、学校の図書室でクラスメイトの希莉(齊藤京子)と急接近。

法医学や未解決殺人事件の本を手に取るミステリアスな彼女に恐怖と同時に惹かれるものを感じた奈緒は、希莉から「放課後、一緒に行きたいところがあるんだけど」と誘われ──

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)