出演者予想がトレンド入り、阿部寛『ドラゴン桜』に及川光博、江口のりこ、早霧せいなが出演

TV 公開日:2021/03/05 13
この記事を
クリップ

阿部寛が主演の4月期放送のドラマ『ドラゴン桜』(TBS、毎週日曜21時~)に、及川光博、江口のりこ、早霧せいなの出演が発表された。


今作は、週刊漫画誌「モーニング」(講談社)にて2018年から人気連載中の三田紀房による『ドラゴン桜2』が原作。2005年に放送された前作ドラマの原作である『ドラゴン桜』の15年後を描く続編だが、今作は今の時代の日曜劇場でやるべきエッセンスを入れたドラマオリジナルの展開が予定されている。

先日、阿部演じる桜木建二がかつて受け持った「東大クラス」の教え子・水野直美役で長澤まさみの出演を発表。さらに3月3日には「東大クラス」の生徒をはじめとする未発表のキャストの面々をシルエットで掲載したポスターを解禁。解禁後「#ドラゴン桜予想」のハッシュタグをつけた出演者予想ツイートは11000件以上(※BuzzSpreader Powered by クチコミ@係長調べ/3月4日現在)に上り、「#ドラゴン桜予想」は解禁後すぐにTwitterの日本のトレンド上位に入った。今後もさらなる加熱が予想される。






そしてこのたび、東大クラスの生徒たちの発表に先駆けて、桜木・水野と深く関わっていく出演者が発表となった。桜木と水野が今作で再建に挑むことになる学園の教頭・高原浩之を演じるのは、及川光博。歌に演技に多岐にわたって活躍し、その類い稀な優美さで世の女性を魅了している及川が今作で演じる高原は、桜木たちに学校再建の依頼をした張本人。桜木たちをサポートし、生徒たちの教育を一番に考える教育熱心な教師という役どころだ。そして、弁護士・岸本香役は、今作が連続ドラマレギュラー初出演となる、宝塚歌劇団の元トップスター・早霧せいな。岸本は、桜木法律事務所のNo.2で、桜木が最も信頼している弁護士。彼女が物語にどう絡んでいくのか、注目してもらいたい。




さらに、学園の理事長・龍野久美子役は江口のりこ。龍野が理事長になったことで生徒たちの学力が著しく低下し、学園の経営も逼迫。しかし彼女は再建を試みる高原をはじめ依頼された桜木たちにも反発し、学園から追い出そうとする。ドラマのみならず映画、舞台、CMなどでさまざまなキャラクターを演じ分け、類を見ない個性を発揮し続けている江口だが、実は16年前の前作にも生徒を惑わす暴走族役で出演している。今作で演じる一癖も二癖もある理事長は、桜木たちの最大の難敵となりそうだ。

このほかにも、一筋縄ではいかないキャラクターたちが続々と登場。16年の歳月を経て、教育方法や価値観が変わっているからこそ起きる衝突も。桜木と水野は生徒のみならず、個性的な教師たちを相手に受験戦争に勝つことができるのか?また、東大クラスの生徒を演じるキャストは、ドラマ公式Twitterで随時解禁される。




1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)