岡田健史がついた優しい嘘、器用に見えて実は不器用な“光の本心”が切ない

TV 公開日:2021/03/05 107
この記事を
クリップ

現在放送中のドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!! 』(日本テレビ、毎週水曜22時~)には、登場人物たちがつく“嘘”が沢山登場する。


もちろん嘘といっても、悪意がある嘘ではなく、相手のことを想うからこそつく嘘ばかりで、なぜ嘘をついたのか、つかなければならなかったのか…そう推測したり、劇中で描かれていない登場人物たちの心情を考えたりすることがこのドラマの一つの面白みではないかと思うのだが、本作で俳優の岡田健史が演じる入野光がつく“嘘”の数々が、切なく、非常に優しく、観ている視聴者の心を揺さぶり続けている。



【関連】岡田健史が表現する包容力とさりげない気遣い、“入野光”にときめきが止まらない



本ドラマは恋愛小説家でシングルマザーの水無瀬碧(菅野美穂)と、20歳になっても彼氏ができたことがなく、筋金入りのオタクである娘の空(浜辺美波)の“トモダチ母娘”が恋に奮闘するエキサイティングラブストーリー。 岡田健史は空の大学の友人の入野光役を演じており、空に好意を抱いているが、空はその気持ちに気づいておらず、その上空は整体師の渉(東啓介)に恋しており、光は空から渉の相談を受けたりする…という非常に切ない役どころだ。


そして3日に放送された第8話、光(岡田)が付いた数々の嘘を振り返りたい。(以下第8話ネタバレあり)


1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 8件)