木村拓哉、芦田愛菜のそっけない様子に困惑?「すみません、変なこと言っちゃって」

TV 公開日:2021/03/04 51
この記事を
クリップ

株式会社リクルートジョブズが運営する、地元の仕事が探せる地域密着型の求人メディア『タウンワーク』は、2021年3月6日(土)より新TV-CMの放送を開始する。

新CMには木村拓哉、芦田愛菜を起用。アルバイト探し未経験の木村と、アルバイトと親和性が高い学生である芦田。映画撮影の現場を舞台に、二人とも本人役での出演となる。


とある映画の撮影現場。休憩中、芦田が「友達がタウンワークでバイト探してて…」と木村に話しかける。ところが木村は「タウンワークって何?」と意外な返答。木村が『タウンワーク』を知らないことに一瞬驚いた芦田。「本当すみません、私が変なこと言っちゃって」と会話を終わらせようとするが、芦田のそっけない様子に「いや、愛菜ちゃん?」「愛菜?」と必死に『タウンワーク』が何なのか聞き出そうとする木村。二人の掛け合いに注目だ。また、30秒バージョンではセリフが異なるためそちらも併せてお楽しみいただきたい。


さらに、この「リビング篇」に次ぐ「地下鉄篇」も現在制作が進行中。「リビング篇」では芦田に『タウンワーク』が何なのか、全く教えてもらえなかった木村。果たして「地下鉄篇」ではその真相に迫れるのか…?

<撮影の様子>

木村と芦田はCMでは今回が初共演。今回のCMは『タウンワーク』を“知っている”芦田と“教えてもらえない”木村の掛け合いが見どころとなっているが、そのセリフのほとんどがアドリブでのやり取り。芦田は撮影スタッフと「(木村には)あんまり教えたくない感じの方が良いんですよね」と自身のスタンスなど、イメージをすり合わせながら撮影に臨む姿がとても印象的だった。一方、木村も『タウンワーク』を知らない設定に合わせ、様々なイントネーションで『タウンワーク?』と試行錯誤しながら撮影に取り組んでいた。その姿をみて撮影スタッフの一人が発音について説明したところ「知っています!知らない設定なので色んなパターンがあってもいいかなって!」と鋭いツッコミで対応し、現場は笑いで包まれた。

撮影中、「タウンワーク…新しいトレーニング?」「住宅情報?」「次のシーンに関係ないよね?」と次々とアドリブでセリフを話す木村。カットが掛かった際には芦田が「ありがとうございます。たくさん話していただいて」とお礼を言う場面も。これには木村も冗談交じりに「膨らませろよ~」と笑顔で答えていた。他にも「友達がバ…」とセリフを間違えてしまった芦田に、「バンド?バンド始めるの?」とNGをフォローするなど、撮影の要所で現場を和ませる姿がとても印象的であった。また「緊張した」とこぼす芦田に対し、木村は「スタッフみんな愛菜ちゃん、愛菜ちゃんって、俺のところには誰も来ないんだよ」と話し、笑いを誘っていた。



■タウンワークCM「リビング篇A(15秒)」「リビング篇B(15秒)」「リビング篇(30秒)」

2021年3月6日(土)~ TVオンエア

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)