和田雅成とハシヤスメ・アツコのW初主演作 “ツチノコ”役オファーに「3回聞き返しました 」

TV 公開日:2021/03/05 24
この記事を
クリップ

読売テレビの期間限定ドラマ枠「ドラマDELI」にて、和田雅成、ハシヤスメ・アツコ(BiSH)が主演を務める1話15分のミニドラマ『ボクとツチノ娘の1ヶ月』が3月5日(金)より放送される。


和田とハシヤスメ、どちらもテレビドラマ初主演となる2人で贈るドラマは、「世界初!イケメン俳優とツチノコ人間のW主演ドラマ」。突然1億円の借金を背負うことになった主人公・ボク(和田)と、自宅の押し入れに潜んでいた人間の女性の顔をしたツチノコ人間“ツチノ娘”の間で繰り広げられるヒューマンコメディとなっている。


ドワンゴジェイピーnewsでは、クランクイン前の和田とハシヤスメにインタビューを実施。この日が初対面だという2人に、作品の魅力と互いの印象、意気込みなどを聞いた。



【写真】ほかの写真をもっとみる


──独特な世界観の作品ですが、お2人は作品の印象をどのように感じましたか?


和田:本当に温かい物語だなと思いました。ツチノコが登場するというのも、キャッチーかつ今までにない展開で、視聴者の皆さんは気になるんじゃないかな。台本を読んでも起承転結が早い15分4話なので、飽きることなく楽しんでいただけるんじゃないかなと思います。


ハシヤスメ:脚本を読んでまず「楽しいことが始まるな」という印象でした。台本を読む手が止まらなかったですね。あっという間に最終話まで読んでしまって、そのあっという間の中にいろいろなものが詰め込まれていて面白かったです。


──私も現段階で“ツチノ娘”のビジュアルをまだ拝見していないので、台本を読んで正直少し戸惑いました(笑)。


ハシヤスメ:そうですよね(笑)。まず、椅子に座る時に椅子を遠ざけてしまいました。


──椅子を?


ハシヤスメ:尻尾が生えているんですよ、ツチノ娘は。普通に座ろうと思ったら尻尾が邪魔して、近づけば近づくほど椅子が離れていくという(笑)。





──なるほど...。足はあるんですか?


ハシヤスメ:それは、見てのお楽しみということで(笑)。


──気になりますね...。ご自身ではツチノ娘にどのような印象を持っているんでしょうか。


ハシヤスメ:私もどんな風になるのかをまったく知らなくて、衣装合わせの時に初めてご対面したんですけど、触り心地が良さそうな感じがしました。


1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 22件)