町田啓太ら“同級生トリオ”の掛け合いに癒される『西荻窪 三ツ星洋酒堂』

TV 公開日:2021/02/27 30
この記事を
クリップ

おしゃれなカクテルと、美味しそうな料理が登場し、そしてなによりも観終わった後、心がほっこり温まる人間ドラマが繰り広げられる。そんな素敵な深夜ドラマ『西荻窪 三ツ星洋酒堂』が今話題となっている。


物語の舞台は、西荻窪にひっそりと佇む一件のバー。暖かみのある照明と看板の雰囲気に惹かれ、人生の様々なことに思い悩む人々が、ついつい足を踏み入れてしまう。そしてそこには容姿端麗なバーテンダー・雨宮が優しい笑顔とカクテルで出迎えてくれる、疲れた心にほっと染み入るヒューマンドラマ。


バーテンダーの雨宮を演じるのは、今話題沸騰中の俳優である町田啓太。そして雨宮の高校の同級生でバーのオーナー・小林を森崎ウィン、同じく高校の同級生でバーのシェフ・中内を藤原季節が演じている。


第3話では、定年退職を迎えた日にふらりとバーに訪れた客・権藤(近藤芳正)との心温まるエピソードが展開されたが、それに加えて、雨宮・小林・中内の同級生トリオの微笑ましい掛け合いが繰り広げられた。(以下第3話ネタバレあり)


1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 5件)