『このミス』大賞受賞で話題の新川帆立、異色の経歴を持つ新人小説家の7つのルールとは?

TV 公開日:2021/02/23 3
この記事を
クリップ

“ルールが人生を映し出す”。“今最も見たい女性”に密着し、 自身が課す“7つのルール=こだわり”を手がかりに、その女性の強さ、弱さ、美しさ、その人生観を映し出すドキュメントバラエティー『セブンルール』が23時よりカンテレ・フジテレビ系で放送される。



“新人ミステリー作家の登竜門”と呼ばれる『このミステリーがすごい!』大賞。昨年 10 月、「元彼の遺言状」で大賞を射止めたのが、新人小説家・新川帆立だ。元彼から「僕を殺した犯人に遺産を譲る」という奇抜な遺言状が届くストーリーや、主人公である女性弁護士のキャラクターが高く評価され、満場一致で選ばれた。最終選考委員も「勝気な女性の視点というのはミステリーでは珍しく、新鮮だった」と賛辞を贈る。同作で1月にデビュー後、全国の書店で1位を記録し、発売後約1ヵ月で 18 万部を突破した小説家・新川帆立に初密着する。


小説家デビューを果たした新川は、「異色の経歴」でも注目を浴びた。アメリカで生まれ、生後半年で宮崎県に移り住んだが、集団生活になじめなかった彼女は、地元を飛び出したい一心で「勉強の虫」となり、父親の単身赴任先だった茨城県の進学校に入学。囲碁部に所属し、全国大会に出場する腕前になるほど熱中した。その後、東京大学法学部で学び、24 歳で司法試験に合格。弁護士として、企業間の金融取引などを担当してきた。さらに、東大在学中には麻雀にハマり、プロ雀士として活動していた時期もある。



様々なものに興味を持ち、真剣に取り組んできた彼女は、高校時代「純文学も読んでおかないと…」と手に取ったある作品きっかけに、小説家を夢見るようになった。「経済的に食べていけないと夢も追えない」という理由で、弁護士の道を選んだ彼女は、仕事の合間に8作品を書き上げたが、新人賞の一次選考にすら通らない日々が続いた。結果がついてこない苦難の時期に、彼女のメンタル面を支えたのは、それまでに培ってきた意外なものだったと明かす。


カメラは、次回作の構想を練りながら、弁護士としても働く彼女のリアルな日常や、彼女を献身的に支える夫との関係を映し出し、夢だった小説家デビュー前後の揺れ動く心境に迫る。東大卒、元プロ雀士、現役弁護士という異色の経歴を持つ小説家・新川帆立の7つのルールとは。


スタジオでは、彼女の多才ぶりにYOUが「天は二物を…って言ってた人、恥ずっ!」と言い放ち、笑いを誘う。また、新川夫妻の関係性から、自分の将来を想像した長濱ねるは、「付き合う時点でハードルが高い」という“絶対に譲れない”結婚相手の条件を告白。実演して、説得を試みる青木崇高と丁々発止のやり取りを繰り広げる。一方、小説家でもある尾崎世界観は、「母影」執筆の裏側を語り始めるが、YOUからバッサリ斬られ、苦言を受ける。果たして、尾崎は何を語ったのか…?

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)