真木よう子“鷹の目”を持つ刑事に、バディに眞島秀和、新米刑事に赤楚衛二

TV 公開日:2021/02/22 18
この記事を
クリップ

テレビ東京では3月22日(月)夜8時から、月曜プレミア8『ハクタカ 白鷹雨音の捜査ファイル』を放送。原作は、『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した異色のサラリーマン作家・梶永正史による警察小説。犯人からの謎の犯行声明を手掛かりに、立て続けに起こる殺人事件の関連性を紐解き、主人公の優れた洞察力によって事件の真相を暴いていくミステリーとなっている。鷹のような鋭い眼光で事件の全貌を見通す、「ハクタカ」の異名を持つ主人公・白鷹雨音役を演じるのは真木よう子。テレビ東京のサスペンスドラマは、今作が初主演となる。白鷹は武蔵野東署の巡査部長。冷静な分析から生み出される刑事の勘と、俊敏な動きで緊迫した状況を切り抜ける身体能力を兼ね備えた有能な人物だ。過去に起きた後悔の残る事件に今なお心を痛め、被害者の心に寄り添いながら事件を解決へと導く刑事を演じる。


警視庁捜査一課の刑事・草野誠也役を演じるのは眞島秀和。草野もまた白鷹と同じ過去の事件を引きずっており、捜査ではバディとなる白鷹を支えながら共に真相に迫る、正義感のある刑事を演じる。気になる白鷹との関係性は!?さらに白鷹を慕う人懐っこいキャラクターの新米刑事・兎束晋作役には、今最も注目されている若手俳優の一人・赤楚衛二、「捜査は事実の積み重ね」を信条に憶測や勘を排するクールな捜査一課長・福川冴子役には黒木瞳と、豪華キャストが顔を揃えた。

そしてこの度放送を前にして、真木よう子、眞島秀和、赤楚衛二、黒木瞳からコメントが到着した。過去の事件と交錯して引き起こされる連続殺人事件の犯人は一体…!?豪華共演者による迫真のミステリーをお楽しみに。


【次ページ】真木よう子、眞島秀和、赤楚衛二らキャストコメント掲載

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)