大河ドラマ『おんな城主 直虎』がCS初放送、三浦春馬さん 高橋一生ら出演 脚本は森下佳子

TV 公開日:2021/02/22 216
この記事を
クリップ

CSエンターテインメントチャンネル「チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた」(チャンネル銀河)では、大河ドラマ『おんな城主 直虎』を2021年4月7日(水)よりCS初放送することを決定した。



2017年に最もツイート数の多かったドラマ作品として「Twitterトレンド大賞 エンタメコンテンツ・オブ・ザ・イヤー ドラマ部門」で第1位を獲得。さらに、未公開シーンも追加された総集編の放送終了後には、Twitterトレンド世界ランキング1位に「#おんな城主直虎」がランクインするなど、SNSを中心に大きな盛り上がりを見せ、話題を集めた。


主人公・井伊直虎を演じるのは柴咲コウ。大河ドラマ初出演ながら、過酷な運命に立ち向かい成長していく女城主の一代記を見事に演じきった。そんな直虎の元許嫁であり、悲劇的な最期を遂げる井伊直親を演じたのは三浦春馬さん。その凛々しい武者姿とまばゆいばかりの笑顔は、直虎はもちろん、多くの視聴者を虜にした。そして、鮮烈なイメージを残した小野政次を演じたのは高橋一生。直虎・直親・政次が幼馴染という設定で友情や恋愛模様が描かれる展開も見どころの一つだ。


さらに物語の後半、直虎を支える存在となる盗賊団の頭・龍雲丸に柳楽優弥。また、後半の物語を加速させる井伊直政を演じた菅田将暉や、政次の弟・小野玄蕃を演じた大河ドラマ初出演のミュージカル俳優・井上芳雄などイケメン俳優たちの虜になること間違いなしだ。その他、阿部サダヲ、市川海老蔵、松平健、小林薫ら脇を固めるベテラン陣の演技にも注目したい。

【場面写真】『おんな城主 直虎』菅田将暉登場シーン


脚本家は、『JIN-仁-』『天国と地獄』などを手掛ける森下佳子。少女マンガ『ベルサイユのばら』と『甲賀忍法帖』『魔界転生』などの小説で知られる山田風太郎の作品を参考にしたというオリジナル脚本は、大河ドラマの新たな可能性を拡げたとまで高く評価されている。井伊直虎はほとんど資料が残されていない人物だが、そうした数少ない史実をつなぎ合わせ、その隙間を想像力で拡大していく手腕、直虎たちを容赦なく追い詰めていく血なまぐさい展開と少女マンガのようなイケメンドラマを両立させるバランス感覚、所々にはりめぐらせた伏線など、その緻密な脚本は多くの視聴者を惹きつけた。


■大河ドラマ「おんな城主 直虎」
放送日時:4月7日(水)スタート (月-金)朝8:00-午前9:00  ※7日(水)のみ 朝8:00-午前9:15
出演:柴咲コウ(おとわ/次郎法師/井伊直虎)、三浦春馬(亀之丞/井伊直親)、高橋一生(鶴丸/小野政次)、阿部サダヲ(竹千代/徳川家康)、柳楽優弥(龍雲丸)、菅田将暉(虎松/万千代/井伊直政)、小林薫(南渓和尚)ほか
作:森下佳子(『JIN-仁-』、『天国と地獄』)
音楽:菅野よう子
語り:中村梅雀
制作:2017年/全50話

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)