『カルテット』脚本家が手掛ける新火9ドラマ 主演は松たか子、共演に松田龍平ら

TV 公開日:2021/02/19 10
この記事を
クリップ

カンテレ・フジテレビ系の新火曜よる9時連続ドラマとして、松たか子が主演を務める『大豆田とわ子と三人の元夫』(4月スタート)の放送が決定した。



『カルテット』脚本家・坂元裕二による完全オリジナル

松にとって、2006年放送の『役者魂!』以来15年ぶりとなるカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ主演となる本作は、『カルテット』『最高の離婚』『Mother』など数々の連続ドラマを手がけ、現在は映画『花束みたいな恋をした』が大ヒット公開中の脚本家・坂元裕二による完全オリジナル。松が演じる主人公・大豆田とわ子は、3回結婚して3回離婚したバツ3の独身女性。さらに、とわ子のことを忘れられない3人の元夫として、岡田将生、角田晃広(東京03)、松田龍平が出演。4人の個性豊かな実力派俳優たちが繰り広げる物語は、とわ子が3人の元夫たちに振りまわされながら日々奮闘するたまらなく愛おしいロマンティックコメディーだ。


主演は松たか子

松が演じる主人公・大豆田とわ子(40歳)は、建設会社「しろくまハウジング」の社長に就任したばかり。でも実は3回結婚して、3回離婚しているバツ3の女性だ。すごく変人というわけではない。洋服が好きで、明るく、お茶目(ちゃめ)で、ちょっとせっかちで、どこかとぼけていて、いろんなところがちょっとずつ面白い、そんな女性である。最初の夫との間に生まれた中学3年生の娘・唄(うた)と二人暮らしをしている。『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』で第33回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞するなど、これまで数々の映画やドラマ、そして舞台などで、シリアスからコメディーまで硬軟演じ分けてきた松が、今回、坂元裕二との三度目のタッグで、ユーモラスでキュートな役どころをどのように演じるのか注目だ。


“三人の元夫”に岡田将生、角田晃広(東京03)、松田龍平

とわ子の“三人の元夫”役にも、役どころ同様に個性豊かな俳優陣が集結した。

最初の夫は、松田龍平が演じる田中八作(はっさく)(40歳)。東京・奥渋谷にあるレストラン「オペレッタ」のオーナー兼ギャルソン。とわ子との間に生まれた娘・唄の父親。

松とは『カルテット』以来、4年ぶりのドラマ共演で、今回は女性に自動的にモテてしまい、ときどき面倒なことに巻き込まれてしまう役どころ。唯一無二の存在感を放つ演技派俳優が、優しい二枚目に挑む。


二番目の夫は、角田晃広が演じるファッションカメラマン・佐藤鹿太郎(かたろう)(45歳)。業界では有名で腕もいい。とわ子のことが今でも好きで好きでたまらないが、とにかく器が小さい。

最近は、お笑いでの活躍だけでなく、ドラマ『半沢直樹』でのシリアスな演技が記憶に新しい角田。今作では、普通にしているだけで笑われる、何だか憎めない愛らしいキャラクターを演じる。松田や岡田とのクスッと笑える掛け合いが楽しみだ。


三番目の夫は、岡田将生が演じるエリート弁護士・中村慎森(しんしん)(31歳)。とわ子が社長を務める「しろくまハウジング」の顧問弁護士。理屈っぽくて、ひねくれ者。口癖は「それ、いります?」。周囲からは冷静で合理的に見られる慎森が、とわ子となぜ結婚し、なぜ離婚したのかは気になるところ。

最近は、映画『さんかく窓の外側は夜』で主演を務めるなど、話題作が続く岡田。甘いマスクで上から目線、偏屈な弁護士という難役に挑戦する。


見どころは?

思わずニヤニヤしてしまう四人のかけ合いが見どころ。


『東京ラブストーリー』(1991年)、『Mother』(2010年)、『最高の離婚』(2013年)、『カルテット』(2017年)など、数々の名作ドラマを誕生させ、現在は映画『花束みたいな恋をした』が大ヒット公開中の脚本家・坂元裕二。コロナ禍で不安な社会情勢が続く今だからこそ、個性豊かな4人が織りなすクスッと笑えて、泣けて、時々身につまされる愛すべき坂元ワールドに大注目だ。


1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)