Sexy Zone メンバーが乗り越えてきた葛藤とは?村上信五も「うるっときた」熱唱披露

TV 公開日:2021/02/17 14
この記事を
クリップ

日本の最新音楽を世界に発信する音楽番組『SONGS OF TOKYO』(NHK)に、Sexy Zone が初登場する。


2011 年 11 月、デビューシングルがチャート初登場 1 位という衝撃のデビューを果たしたのが Sexy Zone。平均年齢 14.4 歳という圧倒的な若さで、数々の最年少記録を塗り替えてきたジャニーズのシンデレラグループ。


10 周年を迎える今年でも、まだ 5 人の平均年齢は 23.6 歳。若さで駆け抜けたその 10 年間は、グループの活動体制の変更や、メンバーの休養といった事態に直面し、とまどい、葛藤した歴史だった。しかし、世界中で彼らを応援するインターナショナルファンにSexy Zoneの 魅力を訪ねると、皆が異口同音に「5 人が困難を乗り越えて成長していく姿に夢中になった」と答える。 この 10 年、メンバーはどんな葛藤を乗り越えてきたのか?番組ホストである先輩・村上信五が Sexy Zone の「今だから話せる思い」に迫る。


メンバーが初めて告白する「絆」エピソードの数々とは? パフォーマンス曲は、デビュー曲『Sexy Zone』、2020 年に発表した 5 人の絆を歌った大切な楽曲 『RUN』、そして躍動するダンスで魅せる全編英語の最新作『RIGHT NEXT TO YOU』。 スタジオトークの後、パフォーマンスを目の当たりにした村上信五が「思わずうるっときてしまった!!」 という Sexy Zone の熱唱。メンバーの成長の証を、その目で確かめてほしい。

※本記事は掲載時点の情報です。