三浦貴大×剛力彩芽、モラハラ気質男と謎の女役に『東京カレンダー』人気小説をドラマ化

TV 公開日:2021/02/16 9
この記事を
クリップ

俳優の三浦貴大と、女優の剛力彩芽が、フジテレビTWO ドラマ・アニメとひかりTV(NTTぷらら/アイキャスト)が共同制作のドラマ『彼女のウラ世界』に出演することが発表された。



『彼女のウラ世界』は、東京カレンダーwebサイトにて2020年の夏に連載がスタートし、登場人物のクセの強さが大きな反響を呼ぶとともに、多くのアクセスとコメントが寄せられ、話題となった人気小説。3年付き合った彼女にプロポーズした男。しかし翌日、女は婚約指輪を置いて忽然といなくなった。女はなぜ男の元を去ったのか?そして、男と一緒に過ごしている間、なぜ正体を隠していたのか?インスタグラムから情報をかき集め、突然消えた彼女の足跡を追っていくうちに、彼女の真実とともに追う側の男の本性もあらわになっていくという物語。


男女それぞれの目線で二つのストーリーが描かれ、男の目線で描かれる<TOSHIRO SIDE>をフジテレビTWOで、女の目線で描かれる<AKIKO SIDE>をひかりTVのひかりTVチャンネルで3月22日(月)から連日、各5話をリレー方式で放送する。




主演は三浦貴大が務め、制作会社でドラマのディレクターとして働くプライドが高い西村敏郎役を演じる。エリート意識が強く、これといった挫折もしてこなかった自己中心的な性格で、若干女性蔑視の入ったモラハラ気質の自分に気付いていない厄介な男を、三浦がどう演じるか期待が高まる。

ヒロインを演じるのは、明るく天真爛漫なタイプからミステリアスな女性まで幅広い表現力と魅力を併せ持つ女優の剛力彩芽。事務所独立後、初のドラマ出演作となる。多忙な敏郎を陰で支える地味で慎ましい家庭的な女性だが、敏郎からプロポーズされた翌日に姿を消すという多くの謎に包まれた近藤明子役を演じる。

二人の豪華共演で、敏郎と明子それぞれの目線から全く違う二つのストーリーを描き、明子を追っていく敏郎の本性や明子の正体が徐々に明らかになっていく過程を、<TOSHIRO SIDE>、<AKIKO SIDE>どちらからでも楽しめる作品となっている。

また、この他に西田尚美、杉山ひこひこ、ゆうたろう、栁俊太郎、霧島れいか、藤田朋子ら実力派俳優陣が脇を固めドラマを盛り上げる。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 8件)