なにわ男子、最先端AR技術で新たなファンサを妄想「キスマークが飛んでいくとか!」

TV 公開日:2021/02/15 15
この記事を
クリップ

毎週月曜深夜に放送中の『なにわからAぇ! 風吹かせます!』(カンテレ、深夜0時55分 ~ 1時25分放送※関西ローカル)。2月15日(月)は、なにわ男子担当の「なにわイケメン学園」が放送される。今回は、大西流星・道枝駿佑・長尾謙杜・藤原丈一郎の4人が超最先端技術を体験する「目指せ!キラキラハイテク男子」をお届け。


体験するのは、カメラを通してキャラクターなどを出現させることができるAR(拡張現実)。まずは、ARとスポーツが融合した「HADO(ハドー)」を体験する。「HADO」とは、頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着し、エナジーボールを撃ちあうARスポーツ。説明を聞いた藤原は「ドラゴンボールや」と、夢のような世界を前にしてハイテンションに。なにわ男子のバラエティー担当・藤原&長尾、キラキラ担当の大西&道枝の2チームに分かれて、2対2の「HADOガチ対決」に挑戦。1試合の制限時間は80秒。エナジーボールを相手のカラダに当てられたらポイントをゲットできる、いわばARを使った未来型ドッジボールだ。スタートの合図とともに、各々のスタイルで撃ち合うメンバー。両チーム一歩も譲らない激しい攻防が続き、「想像以上に疲れる」と大西はヘトヘト。サドンデスマッチにもつれ込むも、あるメンバーが開始4秒で撃沈し即終了。負けたチームには、「HADO」に絡めたキラキラコメントで挽回のチャンスを与えられるが、はたして…!?

続いては、ARの3D動画が撮影できる最先端スポットへ。4Kカメラが30台も設置された日本最大級の超ハイテクスタジオで、まずは3D静止画の撮影を体験することに。藤原の3D静止画を見て、「すげぇすげぇ!」と一同大興奮。「思ってた以上にすごいクオリティー」(大西)、「ズボンのシワとかもすごない?」(藤原)と驚きが止まらない様子だったが、ポーズのタイトルを聞かれた藤原の回答に、「ダッサ!」と一気に冷やかな空気に…。一方、大西は、「うまいことしたな?」(道枝)と周りのメンバーも認める、胸キュン必至の見事なキラキラポーズを披露。

そして、3D動画の撮影を体験。しかし、「体験できるのは3名」という事実を告げられ、大西は「なんで3人でロケに来させてくれなかったんですか!?」と不満を漏らすも、撮影権をかけ「ARキラキラセリフクイズ対決」で真剣勝負に挑む。メンバーはARで登場する動物キャラクターと一緒に、キラキラセリフをささやきながら動画を撮影。他のメンバーがどんなキラキラセリフを言ったのか当てることができればポイント獲得。獲得ポイントが一番少ないメンバーだけが、3D動画の撮影権をもらえないというルール。撮影スタジオの代表・勝本さんによる判定で「キラキラ」が出れば、間違った回答でもポイントゲット。1問目は、道枝のキラキラセリフから出題。長尾・大西が連続してキラキラポイントをゲット。続く藤原は、“関西感満載”のセリフを繰り出すが、関東出身の勝本さんには全く響かず…。

波乱だらけのクイズ対決を終え、上位3人が3D動画撮影を体験。全方位に設置されたカメラで撮影し、360度どこからでも視聴できる最先端3D動画が完成。現実ではありえない場所に、大きくなったり小さくなったり様々なサイズになって出現するなにわ男子のメンバーたち。気になる仕上がりは放送をお楽しみに。


【次ページ】なにわ男子コメント掲載、新たなファンサを妄想!?「キスマークが飛んでいくとか!」

1/2ページ