松本まりか、連ドラ初主演で“いくつもの素顔”をもつ女に挑む「生半可な気持ちじゃできない」

TV 公開日:2021/02/14 15
この記事を
クリップ

女優の松本まりがが、「WOWOWオリジナルドラマ 向こうの果て」(5月14日(金)スタート、毎週金曜よる1時放送・配信。全8話、第1話無料放送)


【関連】松本まりか、ブレイクした2020年を総括「ミラクルな年で夢の叶った年」




本作は、ドラマ・舞台・小説の3つのコンテンツで展開されるオリジナルシナリオの連動プロジェクト。


物語の舞台は、昭和60年の東京。痴情のもつれから、アパートの一室で放火殺人が発生する。逮捕された池松律子(松本まりか)と、死亡した小説家・君塚公平は幼馴染だった。事件を担当する検事・津田口の取り調べにも、どこか浮遊しているような態度でするりと躱していく律子。津田口は事件の真相を追って、これまでに律子と関わってきた人物達と接触し始める。次第に明らかになってくる律子の数奇な人生と、彼女を取り巻く男たちの姿。しかし、彼らが口々に証言する律子の印象は、すべてがバラバラであった。津田口は事件を深追いするほどに、徐々に律子という人物そのものに傾倒していく。やがて津田口は、律子と公平が幼少期を過ごした昭和30 年代の青森・津軽に、この殺人事件の真相を解くカギがあると睨み始める。律子と公平の父親たちが津軽民謡の同じ一座で活動していたこと、そして、そこで起こったある事件。律子はなぜ公平を殺したのか。二人の過去に一体何があったのか。すべての真相が明らかになるとき、閉ざされていた因縁が解き放たれる。



本作の監督を務めるのは、第 44 回 日本アカデミー賞 9 部門受賞で注目を集めている映画『ミッドナイトスワン』(20)をはじめ、Netflix オリジナルシリーズ「全裸監督」(19)、映画『下衆の愛』(16)など話題作を手掛けてきた内田英治監督。なお、律子を取り巻く男たちを演じるキャストは、今後発表される。


松本まりかは、本作の出演について「台本を読んでみると、体が疼き、自分の細胞が目を覚ましていくような感覚でした。こういう作品をやってみたかったですし、ずっと求めていたような作品です」と語り、気合十分。律子は、男たちの人生を破滅させてしまう“ファム・ファタール”的な要素を持ちながらも、切実な境遇を健気に生きてきた人物でもある。さらに、接する相手によってまったく異なる印象を与えるという難役に「前途多難」と語りつつも、劇中で披露する津軽三味線の稽古にも熱が入る。今回併せて解禁されたキャラクタービジュアルは、どこか無垢で危うい律子の内面と、そこから滲み出る陰の部分を印象的に表現している。


舞台版は、今年4月23日より下北沢・本多劇場にて上演。舞台版を手掛ける劇団・ゴツプロ!は、2016 年の旗揚げ以来、右肩上がりで動員数を伸ばしており、東京・大阪のみならず台湾でも公演を成功させるなど、今もっとも注目される劇団。旗揚げ以来、男性キャストのみで公演を行ってきたが、舞台版「向こうの果て」では初の女性キャストとして小泉今日子がゲスト出演することが決定している。(※舞台版キャストはドラマ版キャストとは異なる)小説は、4 月に幻冬舎より発売予定。ドラマ版・舞台版の脚本と小説を書き下ろすのは、ゴツプロ!の座付き作家でもある脚本家・竹田新


なお、舞台版で律子を演じるのは、小泉今日子。ドラマ・舞台・小説ともにアレンジが加えられる。


1/2ページ

関連タグ