町田啓太 初挑戦のカクテル作りは「ちょっとドキドキ」 連ドラ初主演の意気込み明かす

TV 公開日:2021/02/11 119
この記事を
クリップ

2月11日(木)より放送がスタートするMBSドラマ特区『西荻窪 三ツ星洋酒堂』で、俳優の町田啓太が初の連続ドラマ主演を務める。


町田と言えば、2020年10月クールに放送された『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 』(通称:チェリまほ、テレビ東京)での好演が話題となり、2019年に発売された1st写真集『BASIC』(光文社)が発売から1年以上たった今なお売れ続けいる。その活躍は日本国内にとどまらず、海外のファンからも厚い支持を受けている俳優だ。



そんな町田の連ドラ初主演作となる本作は、西荻窪にひっそり佇む1軒のバーが舞台。人生の様々なことに思い悩む人々が、雰囲気に惹かれて足を踏み入れてしまう。町田はそんな雰囲気のあるバーの美しき青年バーテンダー・雨宮涼一朗を演じる。


2020年の町田は、前述の『チェリまほ』や、『ギルティ~この恋は罪ですか?~』(読売テレビ)、『今際の国のアリス』(Netflix)など、話題作に次々と出演。大活躍中の町田だが、意外にも今作が連ドラ初主演。初主演の意気込みを尋ねると、「純粋に嬉しく思っています。作品の中で一番フォーカスして頂ける役で、なおかつ作品に長く多く関わらせていただくことができる役柄にチャレンジさせていただけるので、すごく楽しみにしていますし、頑張りたいと思います」と優しい笑顔ではにかんでいた。


1/5ページ

この記事の画像一覧 (全 6件)