菅田将暉&有村架純&神木隆之介&仲野太賀、“同級生俳優”が新土曜ドラマで勢ぞろい

TV 公開日:2021/02/08 2
この記事を
クリップ

菅田将暉が主演を務める日本テレビ系4月期の新土曜ドラマ『コントが始まる』が発表になった。菅田が連続ドラマの主演を務めるのは、2019年1月期の『3年A組-今から皆さんは、人質です-』以来、2年ぶりとなる。共演者として、有村架純、神木隆之介、仲野太賀、古川琴音の出演も発表された。



このドラマは、『あの頃』に思い描いていた『大人の自分』とはまるでかけ離れた『大失敗』な人生を歩んでしまった20代後半の若者たちが、その『失敗』をしたからこそ出会う人や出来事によって、まるで思い描きもしなかった未知の『幸せ』と巡り合う現代の5人の若者の生き様を描いた群像物語。本ドラマで菅田、神木、仲野の3人は、売れないお笑い芸人のトリオ「マクベス」を演じる。そんな芸人の3人がネタ作りにいつも集うファミレスのウェイトレスを有村が演じ、有村の妹役を古川が演じる。

本ドラマは、タイトルの通り、毎話ドラマのトップシーンをお笑いトリオ「マクベス」のコントから始まり、そしてこの冒頭のコントが残りの53分間の物語の重要な伏線として繋がるという異例の構成でドラマが紡がれる点である。

なお、菅田将暉、有村架純、神木隆之介、仲野太賀の4人は、なんと同じ1993年生まれ。仲野、有村、菅田の3人は、生まれた月も同じ2月。神木は5月生まれなので、学年は一つ下となる。古川は他の4人よりは少し年下で、現在24歳。世代を代表する俳優が勢揃いした本作の脚本は、2019年放送の『俺の話は長い』で第38回向田邦子賞を受賞した金子茂樹が担当。原作はなく、オリジナル脚本となる。

売れないトリオ芸人「マクベス」と、彼らのファンになるファミレス店員とその妹の5人が織りなす青春群像ドラマ。20代後半は、若者なのか大人なのか。諦めるには早すぎて、冒険するには遅すぎる、かろうじて若者世代の等身大のドラマ。2021年4月、日本テレビ系土曜よる10時スタート予定。


1/2ページ