『ドキュメンタル』シーズン9 霜降り明星、椿鬼奴ら10名の出場芸人解禁

TV 公開日:2021/02/05 12
この記事を
クリップ

松本人志氏企画・プロデュースのAmazon Original番組『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン9がAmazon Prime Video(以下Prime Video)にて、2月26日(金)より独占配信される(4話一挙配信)。

この度、シーズン9の全ての出演者が発表され、戦いを目前に控えた芸人たちのファイティングポーズ、意気込みコメント、キャスト紹介予告編が一挙解禁となった。



本シリーズは、プロデューサー・松本人志によって選ばれた10人のお笑い芸人たちによる、妥協なしの、究極に自由な “笑わせあいバラエティ”番組。「最後まで笑わなかった者、他者を笑わせてポイントを多く獲得したものが優勝」というルールのもと、参加芸人らは互いに参加費100万円を持参し、優勝賞金を懸けた笑わせあいバトルに挑む。

2016年のシーズン1配信開始以来不動の人気を誇る本作は、2018年より、国と言語の壁を乗り越え海外版ドキュメンタル『LOL: Last One Laughing』も制作。昨年、配信開始日からの一定期間を対象として日本で最も多く視聴されたAmazon Prime Videoの映画・TV番組を集計した「Amazon Prime Video 2020 TOP5」においても、TV部門:バラエティ作品TOP5の1つに輝いた。




本シーズンでは、椿鬼奴、サンシャイン池崎、長田庄平(チョコレートプラネット)、あばれる君、粗品氏(霜降り明星) の4名が初参戦。また、唯一のコンビとして“お笑い第7世代”の筆頭として活躍する霜降り明星の粗品とせいやが参戦。さらに、千原ジュニア(千原兄弟)や後藤輝基(フットボールアワー)らベテラン勢から、シーズン6の覇者・ゆりやんレトリィバァ、お蔵入りした幻のシーズンより見送りとなった優勝賞金1,000万円奪還に燃える“幻のチャンピオン”久保田かずのぶ(とろサーモン)いう個性豊かな実力派メンバーが勢揃いした。



公開されたトレーラーには、まるで異種格闘技戦に挑むかのような、熱い闘志を胸に各々ポーズを決める出場者たちの姿とともに、プロデューサー・松本人志が爆笑しながら勢いよくSTOPボタンを押すシーンも映し出されており、本作でしか見ることのできない、芸人魂をかけた本気の“笑わせあい”対決の行方に期待が高まるところだ。

キャリーオーバーとなった、シリーズ史上最高額となる優勝賞金2,000万円を手にするのは一体誰か。続報に注目しよう。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 12件)