板垣瑞生&森崎ウィン、固い絆で結ばれた友情『FAKE MOTION』新ビジュアル解禁

TV 公開日:2021/02/03 11
この記事を
クリップ

俳優の板垣瑞生が単独初主演のドラマ『FAKE MOTION -たったひとつの願い-』(日本テレビほか、毎週水曜深夜24:59~25:29※本日は25:09~)が、本日深夜より新ストーリーがスタートする。固い絆で結ばれた友情を描く、心揺さぶる新ビジュアルが解禁となった。


【写真】場面写真をもっとみる

新ストーリーは、シーズン1のドラマ「FAKE MOTION -卓球の王将-」に出演していた都立八王子南工業高校の土方歳鬼(板垣瑞生)を中心に、新キャストとなる荒牧慶彦演じる天下布武学園・織田佐之助らとの戦いを描く。


織田(荒牧)に何よりも大切な家族である近藤勇美(森崎ウィン)を傷つけられ、復讐を誓う土方(板垣)。ただ憎しみに支配された感情から始まった戦いだが、時にぶつかり、仲間と切磋琢磨しながら多くの時間を共有する先に、土方がみつけたものとは―。東京vs大阪という卓球での天下分け目の決戦はもちろん、卓球を通して本当に大切なものに気づき、それを守るためにそれぞれが強くなっていくという青春&成長ストーリー。



主演は、NHK連続テレビ小説「エール」、ドラマ「社内マリッジハニー」など数々の話題作に出演、先日、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」森蘭丸役としての出演も発表された若手最注目株として頭角を現す板垣瑞生。今作が初・単独主演ドラマとなる。

さらに、ダンス&ボーカルユニット『ONE N’ ONLY』の草川直弥、9人組ミクスチャーユニット『SUPER★DRAGON』の古川毅、田中洸希、次世代ユニット『原因は自分にある。』の吉澤要人、TBS系ドラマ「恋する母たち」に出演しネクストブレイク筆頭の俳優、宮世琉弥などが出演。さらにシーズン1ドラマに出演した、佐野勇斗、森崎ウィン、超特急のメンバーも変わらず出演する。


上記の強力キャストに加えシーズン2である今作から、舞台『刀剣乱舞』や舞台『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule theStage -track.3-などに出演、言わずもがな、その圧倒的存在感で舞台界のトップに君臨する・荒牧慶彦のほか、ドラマや映画など舞台以外にもどんどん活躍の場を広げる染谷俊之、玉城裕規、廣瀬智紀など、超パワフルな面々も新たに参戦。


さらに、ドラマ内で各高校のテーマソングとして本編を彩るのは、布袋寅泰やまふまふなど超豪華アーティストがプロデュースした楽曲となっている。


▼インタビューも掲載中

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)