『君と世界が終わる日に』竹内涼真&笠松将 弓道着姿に反響、“裏切り”の過去にも要注目

TV 公開日:2021/02/01 25
この記事を
クリップ

竹内涼真が主演の日本テレビ×Huluの共同製作ドラマ『君と世界が終わる日に』(毎週日曜22時30分~)の第3話「ショッピングモール編」が1月31日に放送された。第3話では、懸命に生き抜こうとする響(竹内涼真)たち放浪グループがまさかの裏切りに合い、放送終了後には「まさかまさか!」「まんまと騙された!」ともちきりとなっていた。

また、物語の主要人物である響と等々力(笠松将)の間にも、“裏切り”の過去を匂わせる描写が随所に散りばめられており、2人の過去に一体なにがあったかにも注目が集まっている。(以下第3話ネタバレあり)




第3話冒頭、救助を求めにいった自衛隊駐屯地で本郷(大谷亮平)が撃たれて死亡してしまう。先に発砲してきたのは自衛隊にもかかわらず、自衛隊内では響(竹内涼真)たち放浪者グループから射撃したことにされてしまい、味方だと思われた自衛隊が響たちを裏切る事態が起きてしまう。


そして、第3話特に印象的だったのが、仲間に加わったかと思われた美亜(芳根京子)が、響たちを襲う刀集団の一味だったことが発覚。放浪グループのメンバーで、幼い少女の結月(横溝菜帆) を人質にとり、凄む姿は響だけでなく視聴者にとっても衝撃を与えた。


自衛隊、美亜(芳根)、まさに“裏切りの連続”となった第3話。“信頼”と“裏切り”という人間関係のテーマとメッセージが伝わってくるようなストーリー展開となっていたが、ここで非常に気になるのは、放浪グループの主要メンバーである響と等々力の確執と、そのきっかけとなったであろう、響が等々力のことを裏切った過去があるかのようなセリフや描写がストーリー内で随所に散りばめられている点である。


1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 19件)