乃木坂46×櫻坂46×日向坂46ドラマ初共演「ファンの方も見たことのない絡みが見られる」

TV 公開日:2021/01/29 14
この記事を
クリップ

乃木坂46×櫻坂46×日向坂46の混合キャストが出演するひかりTVオリジナルドラマ『ボーダレス』(2021年3月より配信予定)の記者発表会が29日、都内で行われ、櫻坂46の森田ひかる、渡邉理佐、日向坂46の齊藤京子、濱岸ひよりが出席。加えて、乃木坂46の早川聖来、遠藤さくら、櫻坂46の小林由依がリモート出演した。


本作は、コロナ禍における社会の分断を予見したような少女たちの絶望的な孤独を描く一方で、傷つきながら、それでも自由に生きよと痛烈なメッセージを突きつけ、グループのボーダーを超えて、アイドルとして“いまを生きる”彼女たちだからこそできる等身大な表現がインパクトを与える作品となっている。ストーリーは、4つのパートに分かれて同時進行し、張り巡らされた伏線の先にある“ある事件”に交わっていく複雑な展開になっているミステリードラマとなっている。


撮影現場からリモート出演した小林は、撮影現場の様子を聞かれると「今、絶賛撮影中だったんですけど、すごくいい雰囲気で楽しく撮影させていただいています」と声を弾ませ、台本を初めて読んだ感想を聞かれた森田は「私自身、演技に挑戦するのが初めてだったので、ドラマの台本というものを初めていただいて、“これが台本なんだな”って思いましたし、今回、パートに分かれているので、様々なパートでどういう展開が繰り広げられているのかというのが、読んでいて面白いなと思いました」と初々しい一面を覗かせた


また、ほかの坂道メンバーとドラマで共演することについて齊藤は「3坂道合同でのドラマは今回初めてなんですけど、意外と同じ坂道グループでもなかなかお会いできないので、今回を機にお話させていただけるのも嬉しいですし、ファンの方もあまり見たことのない絡みが見られると思うので、楽しみにしていただきたいなって思います」と目を輝かせた。


作品にちなみ、隠しごとがうまいと思うメンバーを聞かれた小林が「うまそうだなと思っているのは渡邉理佐で、さらっと隠しごとをしそうな雰囲気で、ちょっとミステリアスな部分があったりするかなと思っています」と答えると、渡邉は「でも、顔には出ないように誤魔化すことはできる方かもしれないですね」と受け入れた。さらに、謎の少女役を演じる遠藤は、ミステリアスだと思うメンバーを聞かれると、同期の掛橋沙耶香の名前を挙げ「普段から一緒にいると、謎だなと思うことが多いですし、沙耶香ちゃんも謎に包まれているので」と答えた。


イベント後の代表質問に応じた出席メンバー4人は、ドラマのタイトルにちなみ“最近、超えたいと思っている壁・ボーダーはある?”と質問されると、渡邉は「小さい頃からピーマンがどうしても苦手で、大人になったら食べられるようになるって周りの方から聞いたりするんですけど、まだ食べられず、壁がありますね」と打ち明け、齊藤は「私は“ゲラ”というものの持ち主なので、ゲラを我慢する壁を超えたいですね。ドラマをやっていく上で絶対に必要なことなので、本当に(笑いを)我慢したいなって思います」とコメント。


森田は「体がすごく硬いので、毎日ストレッチをしていて、メジャーで測っているんですけど、あまり数値が変わらないので、目標にしている数値の壁を超えられるように頑張りたいなと思います」と力を込め、濱岸は「早寝ですね。どうしても夜更かししてしまって、ずっとマンガを読んでしまったりするので、改善できるように頑張ります」と語った。


また、互いのグループに対して不思議に思っていることを尋ねられ、渡邉が「日向坂ちゃんの楽屋がいつもわちゃわちゃ明るいと聞いて、櫻坂はどちらかというとそれぞれが自分に時間を使っている感じで静かめなんですけど、なんでそんなに明るいんですか?」と投げかけると、齊藤は「特にキャプテンの佐々木久美が楽屋番長で、楽屋に隠しカメラがあっても絶対にいいものが撮れるくらいの楽屋なので」と理由を明かした。


そんな齊藤は「ひかるちゃんと毎日一緒に撮影しているんですけど、しっかりして真面目に頑張っているように見えて、ちょっとテンションが高いときに奇行をしがちで、昨日も木の枝を取って、それを頭に乗せて『トナカイ』って言っていて、時折見せる子どもっぽいところがすごくかわいいなって思いますね」と裏話を披露すると、森田は「ちょっと恥ずかしいんですけど、すごくトナカイのツノっぽい枝が落ちていて(笑)、それでメイキングのカメラに方に『トナカイ』ってやっていました(笑)」と照れ笑いを浮かべた。


最後に、ほかの坂道メンバーと共演するにあたって意識している点を聞かれると、齊藤は「ファンの方が被っていたりすることも多いので、一緒に写真を撮ったり、エピソードトークが話せるくらい思い出を作りたいなと思いますね」と笑顔交じりで話し、森田は「3坂でグループの雰囲気とかカラーが違って、そういうところが面白いところなのかなと思うので、私だったら櫻坂のカラーをお見せしたり、ほかのグループのカラーを教えていただいて、いろいろなものをこの期間に吸収できたらいいなと思います」と吐露した。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 30件)