嵐の旅路がついにフィナーレ、活動休止前の24時間 5人が見た景色とは

TV 公開日:2021/01/30 46
この記事を
クリップ

2月28日(日)午後5時より、Netflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ『ARASHI’s Diary -Voyage-』の最終エピソード、第24話が全世界独占配信される。


2019年12月31日より全世界で独占配信を開始したNetflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ『ARASHI’s Diary -Voyage』。2020年12月31日の休止までに掛ける覚悟、揺れ動く想いなど、約2年間、嵐の姿を絶えず追い続け、リアルな彼らを毎月配信してきた本作がついにフィナーレを迎える。

これまでのエピソードでは、国内最大の動員数を記録し完走した20周年のアニバーサリーツアー"5x20"へと向かう様子、活動休止会見の裏側、世界的プロデューサーたちとの楽曲制作、SNS解禁、2日間でアジア4都市を回ったキャンペーン『JET STORM』など精力的に活動の場を広げていく姿を追い、そして2020年は、新型コロナウイルス感染拡大のために中国・北京公演やLA公演の中止、国立競技場公演の延期など厳しい決断を下しながらも、ファンのために「今、自分たちに出来ること」に全力で取り組んできた嵐の姿に迫ってきた。



この難しい状況のなかで活動休止を前にしてなお「まだ見ぬ世界へ」のチャレンジをやめず、常に走り続ける道を選んできた5人。11月3日、最新オリジナルアルバム『This is 嵐』をリリース、無観客配信ライブ『アラフェス2020 at 国立競技場』を終えて間もなく迎えた12月31日、初の生配信ライブ『This is 嵐 LIVE 2020.12.31』。そこで彼らが見た景色、その日を終えた心境は...その日、その時を迎えるまで、笑顔でファンと楽しみたいと願っていた嵐のVoyage《旅路》がついにフィナーレを迎える。


■Netflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ『ARASHI’s Diary -Voyage-』
Netflixにて全世界独占配信中
【出演】相葉雅紀、松本潤、二宮和也、大野智、櫻井翔

※本記事は掲載時点の情報です。