白石麻衣 いなせなねじり鉢巻き姿で奮闘、魚捌き極める連続企画始動

TV 公開日:2021/01/30 11
この記事を
クリップ

1月30日放送の日本テレビ系バラエティー番組『世界一受けたい授業 日本に迫る5つの危機!回避スペシャル』にて白石麻衣が魚さばきを極める連続企画が始動する。


「魚さばきも、仕組みがわかれば簡単!?皆さんも自宅でさばいて、旬の魚を美味しく食べましょう!」を合言葉に魚のさばき方をイチから学べる連続授業の第1回が放送される。


2000年まで年間1人当たりの魚介類消費量が世界一だった日本は、2017年には8位まで転落し、調理の簡単な肉料理が食卓に並ぶことが頻繁に。


「日本は島国なので、これ以上魚から離れてしまうと、自力でごはんが食べられない国になってしまう危機感がある」そう憂うのは、元漁師・元水産庁の官僚という異色の経歴をもつ、上田勝彦。今回の企画は、そんな上田に白石麻衣が弟子入りし、魚のさばき方を極めるまでをシリーズでお届けする。


記念すべき第1回は、白石麻衣が目指す魚さばきの達人(レベル10)のうち、レベル①魚さばきの基礎になるアジをさばく、レベル②より大きな魚、ブリに挑戦!レベル③イカに挑戦!までを放送。


難なくレベル1アジ、レベル2ブリをクリアした白石を待っていたのはレベル3のイカ!「ちょっと苦手かも…」とビビる゛イカの目玉゛という強敵の登場に白石は?


そして、白石のゴム長靴にねじり鉢巻きで奮闘するいなせな姿も必見。撮影前は「今まで魚を捌いたことはほとんどなく、知識ないので達人になるのは難しそうだなぁ…という気持ちと、イチから教えてもらえるので楽しみな部分もあります」とコメントしていた白石も上田先生からの教えを実践し、コツをつかんでくると「捌けるようになってくるとどんどん楽しくなってきて、もっと色んな魚をさばけるようになりたい」と初挑戦ながら手先の器用さ、飲み込みの早さに、先生からも「筋がイイ!」とお墨付きをもらう場面も。


1回目のロケを無事に終えた白石。

「私は自分で料理をするので、日々のご飯のレパートリーが増えるとことは嬉しいです。あと、なんと言っても自分で捌いた魚で料理したらより美味しく感じられます(笑)」と魚を捌く楽しさを体感し「最初は全然上手に出来ませんでしたが、捌けるようになってくると楽しさやワクワク感が出てきます。難しそうって思いますが、捌き方の基礎さえ抑えたら誰でもできます!視聴者の皆さんも、是非、魚捌きを一緒に学んで楽しんでもらえたら嬉しいです」と企画の見どころをアピールした。



<タイトル>

世界一受けたい授業

<放送日時>

1月30日(土)よる7時〜8時54分


【出演者】

MC 

堺 正章

くりぃむしちゅー
上田晋也
有田哲平

【ゲスト】

佐藤栞里、シシド・カフカ、辻岡義堂(日テレアナウンサー)
仲野太賀、丸山桂里奈

※50音順

魚さばき生徒 白石麻衣

妻が口を聞いてくれませんドラマ出演 えなりかずき 雛形あきこ

【放送内容】

▼オードリー・タンIT担当大臣(台湾) コロナ特別授業

▼ゲッタマン&ももクロ百田 最新ゲッタマン体操で正月太り解消

 ▼元水産庁で元漁師、異色の先生による魚のさばき方授業(連続白石麻衣が魚さばきの達人を目指す

▼話題の漫画「妻が口をきいてくれない」を完全ドラマ化

※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ