「水ダウ」から生まれた名曲『ロード』最新章、May J.とのコラボ

TV 公開日:2021/01/27 15
この記事を
クリップ

1993年に発表され空前の大ヒットとなったTHE虎舞竜の『ロード』の最新章となる15章が、高橋ジョージとMay J.のデュエットでリリースされることになった。タイトルは『ロード~㐧15章×2 = George Takahashi×May J.』


今作は、TBSテレビ『水曜日のダウンタウン』の企画として、『ロード』の最新作となる㐧15章の詞・曲を一般公募し、その中から1曲を選び高橋自ら音源化するという経緯から生まれたもの。応募にあたっては、歌い出しの歌詞は「ちょうど1年前」、そしてサビの頭は「なんでもないようなこと」という条件が課せられ、2019年11月放送での募集告知より足かけ1年余、応募総数315作の中から高橋ジョージ本人が熟考の末選んだ1曲は、なんと女性とのデュエット・ソングであり、その相手として白羽の矢がたったのが、あのMay J.という驚きの結果となった。


1月27日の『水曜日のダウンタウン』で、その選考過程の模様、そして二人のスタジオ歌唱による曲の初披露が放送された。


デュエットとはいえ、交替で歌う通常のスタイルでは無く、高橋が歌う男性からの思いとMay J.が歌う女性からの思いが同時にシンクロしながら歌唱されるという、斬新な作りとなっている。


1月28日(木)から配信もスタートし、2月14日のバレンタインデーにはCDもリリースされるとのこと。カップリングには、その男性のみヴァージョン、女性のみヴァージョン、更には、新たなアレンジで新録音された、オリジナル『ロード』の2021年版が収録されるという。サウンドプロデュースは全曲、Jeff Miyahara氏が担当している。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)