白石麻衣&西野七瀬、乃木坂46卒業後 CMで初の共演実現

TV 公開日:2021/01/25 8
この記事を
クリップ

白石麻衣、西野七瀬の二人を起用した『アサヒスーパードライ』の新TVCM「春、待ってるよ」篇が1月26 日(火)から全国で放映される。2月7日からは、60秒バージョンも放映予定。

「春、待ってるよ」篇は、白石と西野が、距離は離れていてもお互いのことを思い合いながら自宅で過ごしているシーンから始まる。会いたくても会えない状況が続いている中でも、再び会える日を楽しみにしながら前向きに過ごす様子を描いている。春には会えることを待ち望みながら2人が「スーパードライ」をおいしそうに飲んでいる様子を通じて、“ビールがうまい。この瞬間がたまらない。”桜の季節ならではの「スーパードライ」の魅力を伝えるCMとなっている。


【画像】他の場面写真を見る

春限定『アサヒスーパードライ スペシャルパッケージ』は、鮮やかなピンク色をベースに満開の桜の花を缶体およびラベルにデザインした春限定の商品。缶350ml・缶500mlを1月26日(火)から期間限定で、中びん500ml、大びん633mlを3月12日(金)から完全予約受注制で発売する。TVCMやWEB限定動画と連動して、白石と西野が出演するWebCMの撮影イベントへの招待チケットなどが当たるキャンペーンが実施される予定だ。

【撮影エピソード】
今回のTVCMは、白石麻衣、西野七瀬の二人が自宅で過ごしながら、離れていてもお互いのことを思い合うという設定での撮影となった。撮影後のインタビューで、白石から「会えない状況が続いていますが、またいつかご飯に行きたい!」、西野から「次いつ会えるかわからないけど、早く会いたいね!」と、今回のCMの設定をほうふつさせるようなお互いへの思いをはせるコメントがあり、実際の2人の強い絆を感じることができた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)