『アノニマス』香取慎吾が“釣り雑誌”を読む姿に反響「絵になりマス」「興味津々」

TV 公開日:2021/01/24 4
この記事を
クリップ

1月25日よりテレビ東京系で放送がスタートする連続ドラマ『アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~』(毎週よる10時~)が22日、アメーバオフィシャルブログを更新。万丞(香取慎吾)が愛読書“釣り雑誌”を読んでいるシーンカットを初公開し、ファンから「雑誌読んでるだけで絵になりマス」「どんな人物なのか興味津々」と反響を呼んでいる。


本作は、主演の香取慎吾が5年ぶりに民放ドラマ出演、33年ぶりにテレビ東京のドラマに出演する“新感覚クライムサスペンスドラマ”。


インターネットの誹謗中傷や炎上などをきっかけに起こるキーボードによる殺人=指殺人(ゆびさつじん)の被害者を救うため、警視庁に新設されたSNSトラブル専門の対策室「警視庁指殺人対策室」(“指殺人”対策室)を舞台に、ワケあり捜査官・万丞渉(香取慎吾)をはじめ、クセの強い“指対(ゆびたい)”メンバーたちが、顔の見えない犯罪者=アノニマスと闘う模様を描く。関水渚、MEGUMI、清水尋也、勝村政信、山本耕史らが共演する。


初回放送まで、あと3日となったこの日。「万丞の愛読書“釣り雑誌”事件と関係はあるのでしょうか...?」とつづりながら、真剣に“釣り雑誌”を読む万丞のシーンカットを初公開。続けて更新したブログでも、「仕事中も堂々と雑誌読んでマス」と、“釣り雑誌”を持ちながら、振り向く万丞のシーンカットも公開した。

【画像】振り向く万丞(香取慎吾)のシーンカット


この投稿にファンからは「雑誌読んでるだけで絵になりマス」「クールな万丞渉さんに早く会いたい」「なんだか意外 そしてマスマス謎w」「どんな人物なのか興味津々」「色んなシーンの(カメラの絵文字)が見れて楽しみがドンドン増してマス」「カッコいい」「あ~早く観たい!」「釣りシーンともあったりするんですかね?」「渋い」などドラマへの期待度が高まってるコメントが多く寄せられている。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)