松本潤 2023年大河ドラマ『どうする家康』で主演、明るくエネルギッシュな徳川家康に

TV 公開日:2021/01/19 21
この記事を
クリップ

松本潤が2023年のNHK大河ドラマで主演を務めることが発表された。タイトルは『どうする家康』で、松本が徳川家康を演じる。



2023年の大河ドラマでは、誰もが知る歴史上の有名人・徳川家康の生涯を描く。脚本は「リーガル・ハイ」「デート〜 恋とはどんなものかしら〜」「コンフィデンスマン JP」などの古沢良太が担当する。

国を失い、父を亡くし、母と離れ、心に傷を抱えた孤独な少年・竹千代は今川家の人質として、ひっそりと生涯を終えると思っていた。しかし――三河武士の熱意に動かされ、弱小国の主として生きる運命を受け入れ、織田信長、武田信玄という化け物が割拠する、乱世に飛び込んだ。待っていたのは死ぬか生きるか大ピンチ。ハラハラドキドキ、スピード感あふれる徳川家康の生涯を波乱万丈のエンターテインメントとして描く。



同作は令和版 NEW“徳川家康”として、歴史ファンから少年少女まで、幅広い世代が楽しめるエンターテインメント大作として、令和の時代に蘇らせることを狙っており、家康を現代に通ずるリーダー像として描いていく。戦国武将オールキャストともいえる今回の大河ドラマとなるが、とりわけ大切に描くのが、家康と信長との関係だという。圧倒的なカリスマ性をもち、この国のあるべき姿を語る信長は、家康にとって兄であり、大きな夢。信長に憧れるも、家康は自らの無力さを実感するばかり。そんな家康にも類まれなる才能があった。それは周囲の人たちの力を生かす才能。今川家の人質だった家康は幼少の頃から弱さを実感し、ひとりでは何もできないことを知ってた。家康は家臣の個性や特技を生かし、強靭な「チーム徳川」を築いていく。



そして、この「チーム徳川」のセンター・徳川家康役を演じるのが、松本潤。制作側のねらいとして「松本さんには周囲を動かす情熱があり、彼のためなら何とかしたいと、みんなを引きつける魅力があります。古沢良太さんの魂がこもった脚本と共振して、これまでのイメージを突き破る、明るくチャーミングな新しい家康像をつくりあげて頂けるに違いありません。来週が待ち遠しい、ご家族で楽しめる、そして見えない時代を生きる手がかりになる作品としてお送りします。」とコメントを発表している




1/2ページ