竹内涼真&中条あやみ “生ける屍”が襲い来る、極限状態の決断とは?『きみセカ』第2話場面写真到着

TV 公開日:2021/01/19 5
この記事を
クリップ

竹内涼真が主演のドラマ『君と世界が終わる日に』より、1月24日(日)22時30分より放送の第2話の場面写真が到着した。


【写真】『きみセカ』第2話場面写真(全9枚)

本作は、日本テレビ×Huluの共同製作ドラマで、地上波ゴールデン帯の連続ドラマとしては日本初となる死と隣り合わせの“終末世界”で繰り広げられる本格ゾンビ作品。第一話では主演である竹内涼真とヒロイン中条あやみの幸せな生活が一変。“生ける屍”が襲い来る異常事態に。

笠松将、飯豊まりえといった生き残りグループとの合流、“噛まれたら終わり”のアクションシーン、生き残りのうちの一人、吾妻(鈴之助)が生ける屍になってしまうなど衝撃的なシーンの連続。息をつかせないスリリングな展開となった。菅田将暉の主題歌にのせて流れるエンディングのように、響と来美は再びかつてのように結ばれることが出来るのか?



そして本日第2話の場面写真が公開された。駐屯地グループ自衛隊に救助された来美は、道中で事故に巻き込まれた少年、勝利を助けるために、緊急手術に名乗り出るが、血に誘われて化け物たちが集まってくる。一方、来美の生存を確信した響は、救助に向かうためのバスの修理中にゴーレムに囲まれていた。誰かが“噛まれている”のではという疑心暗鬼の中、宇和島の腕に噛み傷があることがわかる。響と来美、それぞれが極限状態の中での決断を迫られることに。二つの生き残りグループで、それぞれで加速していく絶望的状況。命を巡る怒涛の展開に第二話も一瞬たりとも目が離せない。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 9件)