『ボス恋』上白石萌音&玉森裕太が急接近、可愛さとカッコよさ大渋滞!?

TV 公開日:2021/01/19 83
この記事を
クリップ

恋と仕事が絡み合う?


先週スタートした「ボス恋」こと『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系、毎週火曜よる10時~)。

【第2話放送後の記事を読みたい方はこちら】


「恋つづ」スタッフ再集結の火曜ドラマということで、初回放送前には主演の上白石萌音がTwitterで「マツコさんを見て笑いながらドキドキを紛わす感じ、懐かしいです。」と、ドラマ直前の番組を見ながら1年前を懐かしむ投稿をしていた。「試されてるな」とも語っていた『ボス恋』の初回。上白石が演じる平凡女子・奈未のドタバタや奮闘、思わず「菜々緒様」と呼んでしまいそうになる宝来麗子(菜々緒)の圧倒的美とボス感、そしてそして玉森裕太が演じる子犬系イケメンの無邪気な可愛さ。ピタリとはまる役どころで、それぞれの魅力が発揮され、さらにお仕事ドラマとしても、麗子(菜々緒)から放たれる台詞にはハッとさせられる面も。他にも登場する濃いキャラクターの掛け合いの中で、ドラマはテンポよく進み、Twitterではボス恋関連のツイートが大量投稿。「#ボス恋」は世界トレンド1位を獲得し、大反響となった。


【画像】第2話カットを見る(全36枚)



好スタートをきった『ボス恋』だが、ドラマの公式ホームページでは撮影レポートが随時公開されている。第1話ラストで、「彼女のフリをしてほしい」というお願いをきいてくれた奈未に、潤之介が手をギュッと握ってお礼を言うシーンは、もともとは近寄ってお礼を言うだけだったとか。他にもキュンキュンするシーンの裏話や、撮影の様子が紹介されている。


第1話ラストで、潤之介の姉が麗子(菜々緒)だという衝撃の事実が発覚したが、撮影レポートではその後嘘を重ねてしまう「奈未ちゃん、麗子さん、潤之介の3人の掛け合いに注目」とのこと。


また、第2話でも「潤之介のカッコよさと可愛さが大渋滞していますよ…!!」と予告されている。先行して公開された第2話の映像には、奈未と潤之介が「な~みちゃん♡」「じゅん~♡」と呼び合う練習をするシーンや、潤之介が「奈未ちゃんは笑った方がかわいい」「2人だけの秘密」などと女子悶絶の言葉をかけるシーンも。SNSではすでに「可愛すぎる」と話題だ。しかし予告映像の最後は、「人並みでいいとか言って、努力することから逃げてるだけ」という麗子(菜々緒)の痛烈な言葉。麗子が潤之介の姉とわかった今、恋と仕事が別軸で進んでいた第1話とは違い、第2話からは両方が絡み合っていくことになりそう。そのバランスに注目したい。


そしてもう一人、気になる人物といえば編集部の中沢涼太(間宮祥太朗)。


言葉もそっけなくクールでドライな役どころだが、ふと見せる笑顔にハマったという声も。奈未の頭にスケッチブックをポンっとぶつけて渡すツンデレなシーンは、「これは間宮きゅん」と反響があった。そんな中沢涼太(間宮祥太朗)が主人公で描かれるParaviオリジナルストーリー「オー!マイ・ツンデレ!恋は別冊で」では、中沢は本編よりもよく笑い、人間的な一面を見ることができる。また、本編とリンクする場面も描かれるのでチェックしたいところ。

【詳細】『ボス恋』もう一つの胸キュンラブストーリー「ツン恋」主演は間宮祥太朗


また、第1話では世界的に活躍するファッションモデル、冨永愛が本人役で登場。富永を撮影するカメラマンには、こちらも世界的写真家のレスリー・キーが登場と、なんとも豪華なキャスティング。そしてYOSHIKIの着物ブランド「YOSHIKIMONO」が衣装協力。冨永愛が着用し、奈未の所属する編集部の雑誌「MIYAVI」創刊号の表紙を飾った。第2話では、今や社会現象とも言える大人気アニメ『鬼滅の刃』で主人公・炭治郎を演じる声優の花江夏樹が出演。売れっ子漫画家を演じる。

【詳細】「鬼滅の刃」炭治郎役の声優・花江夏樹がドラマ『ボス恋』出演、漫画家に


主演の上白石については、「本当に優しい方!何度かお会いしたことがあり、お話していたので安心感がありました」と共演シーンについて語っている。けん玉を愛するという一面が、物語にどんな影響を与えるのか気になるところだ。


そんな気になる第2話は…


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 36件)